オルタナティブ・ブログ > 永井千佳の音楽ブログ >

ライフワークとしての音楽を考えていきます

プレゼンで堂々として見えるたった一つの方法

»


プレゼンやスピーチで、自信がなさそうに見えるのは損をします。

「自信がなさそう」「オドオドしている」ということと、「謙虚さ」は別です。

謙虚であっても、自信がなさそうにしているのは、お客さんが不安になりますから、出来るだけ堂々とふるまいたいものです。

堂々として見える方法は一つです。

ゆっくりとよく響く低い声で話すこと。

良い声で発声できれば、姿勢も良くなりますし、自然と堂々して見えます。

これさえできれば、ほとんどの問題は解決します。

ただ、今まで見ている中でほぼ97%の方々はこれが出来ていません。

その中では、せっかくトレーニングしたのに、本番で緊張してしまい、また元の声に戻ってしまったという方も。

ゆっくりとよく響く低い声で話すこと
は、最初の第一声を成功させることがとても大事です。

例えば、「おはようございます。00株式会社の永井でございます。」

簡単な例ですが、まずこの部分だけを、自分の思い通りに話せるように練習しておくことです。

最初が上手くいくと、その後も同じように話せるものです。

逆に、最初を失敗してしまうと、なかなか取り戻すのは簡単ではありません。

発声の技術を練習したら、あとは自分なりの気分の盛り上げ方を工夫なさると良いですね。

私は、本番前は必ず1人になる時間を作ります。
目をつぶって心の無駄なものを取り除き、心が静かになったところで出てくるようにしています。
そうすると、心がざわつかず、落ち着いて本番に臨むことができるのです。


最近、サッカー選手の三浦知良選手をテレビで見る機会がありました。
ファンの期待を裏切らず、三浦選手らしく堂々とふるまっておられました。

三浦選手は、いつも映画「ゴッドファーザー」を観て気持ちを盛り上げるとのことですよ。
家庭での良きパパから、ゴッドファーザーの登場人物に自分の人格を切り替えるのでしょう。
近所のコンビニにもスーツで出かけるそうですから徹底しています。

技術をマスターしたら、自分なりの集中の仕方を工夫してみることをおすすめします。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する