オルタナティブ・ブログ > 永井千佳の音楽ブログ >

ライフワークとしての音楽を考えていきます

整体師さんが仕事でやったらお客さんが来なくなるという自分で出来る速攻腰痛撃退方法

»

仕事柄、整体にお世話になっています。

整体師さんによると、楽器をやっている人は身体のコンディションが良くない場合が多いそうです。
「僕から言わせると、楽器を演奏する姿勢は相当不自然です。」

一流のスポーツ選手は、ケアをしっかり行っているので、身体を柔らかく保っています。しかし、楽器を演奏する人でそこまでケアにかける人はなかなかいないのだということです。

バレリーナの草刈民代さんの本「バレエ漬け」に芸術系アスリートの大変さが書かれています。その中でも、『Shall we ダンス?』がヒットしたことで、仕事が来るようになり、経済的に潤うようになって初めて身体のケアに投資できるようになったとあります。結局、ケアをしっかりすることで、長い間踊り続けることができたのだそうです。

これは、楽器のほうも同じです。怪我をしたら演奏法を工夫するなどの必要もありますが、ケアに投資する余裕がないのもコンディションを悪くしてしまう一つの原因となっています。

そこで、今日は、整体師の先生が「腰痛は結局、この筋さえほぐせば全部治るよ。まぁ、仕事でやったらお客さんが来なくなるから誰もやらないけどね。内緒ね」と教えてくれたという、「腰痛撃退」の方法をあるサイトでみつけましたのでお伝えいたします。

     ・・・・・(以下引用)・・・・・

両手に腰を当ててその場に立つ。そしてお尻にギュッと力を入れてみよう。お尻の側面がくぼんで、その上部の親指が触っている部分が盛り上がるはずだ。顔に例えれば、ほっぺたを口の内側に思い切り吸い込むと、頬骨が突出して見える。お尻にも、そういう頬骨のような隆起した部分ができているはずだ。力を入れているのだから、当然硬い。その硬い部分を親指で押してみてほしい。

わからない人はこちらのリンクをクリックすると見当がつきます!(画像はwikipediaより)

お尻の肉の奥のほうに、ものすごく硬くなっている筋肉の筋がある。そこを触っている状態で、お尻の力を抜いてみよう。腰痛に悩む人なら、ほとんどの場合ここの筋がゴリゴリに凝っているはずだ。この筋が腰痛の根本的な原因だ。疑う人は、拳や親指の第一関節をたてて、その部分をマッサージして揉み解してみるといい。明らかに腰の重みやだるさや痛みがとれ、軽くなることが体感できる。

引用:腰痛の原因はこの筋肉だけ!魔法のストレッチとすぐ効く簡単な治療法

     ・・・・・(以上引用)・・・・

自分で押してみると、確かに効きます。
この場所、現在私がお願いしている整体師さんはぐりぐりと押してきます。押しながら、足をぐるぐる回したりします。そうすると本当に悲鳴があがるほど痛い。
つまり、自分ではどうしても加減してしまうのです。
誰かに容赦なく押してもらうとさらにいいかもしれません。

しかし、そのおかげで、以前のように頻繁に整体に行かなくてもすむようになりました。

腰痛になってしまうと、生活に制限がかかってしまい、辛いものです。
また、仕事も思い切りできなかったりします。
人生をハッピーに生きるために、腰痛改善に役立てればと思いました。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する