オルタナティブ・ブログ > 永井千佳の音楽ブログ >

ライフワークとしての音楽を考えていきます

良い声を出そうとすると歌詞がしゃべりにくくなるのはなぜか?

»

コンサートでプログラムの後半になると、声が上がってきて深みがなくなってくるということが良くあります。
 
疲労してきて、マラソン選手でいうと、いわゆる「アゴが上がっている状態」とでもいうのでしょうか。
 
先日の合唱団の稽古でも、秋島先生が「佐藤眞さんの「蔵王」を全曲歌うのは大変です。改訂版の前は、最後の10曲目に第1曲目の「蔵王賛歌」がもう一度あった。歌うのがあまりに大変なのでなくなったのかもしれません。もう一度歌おうとすると疲労しているので『喉頭が上がってきてしまって下げようと思っても下がらない。』そうなると、高音で声が浅くなってしまうのです」とお話ししていました。
 
喉頭とは「喉仏」のことです。
発声において「喉頭が上がってきてしまうのはよくない」ということですね。
 
本来は、良い声を出すために、喉頭はなるべく下がった状態が良いとされています。
 
それでは、喉頭が下がった状態とはどんな状態を言うのでしょう。
 
それは「あくび」をしているときです。
 
あくびをしているとき、喉頭は下がっています。
このような状態で声を出すと、深みのある良い声が出るのです。
 
あともう一つ、つばを飲み込んだときも喉頭は下がっています。
 
練習しすぎたかな?とか、ステージで疲労してきたかな?と思ったら、早めに水やお茶を飲むこと。
だから、講演などで水が出ているのは、単純に喉を潤すためだけではなく、理にかなったことなのですね。
 
もし、よく人前で話したり歌を歌う方は、普段から喉頭を下げるボイストレーニングをしてみることもおすすめします。
 
「リップロール」という簡単な方法があります。
 
唇を閉じて、息を流すと「プルプルプル・・・」と唇が振動しますね?
これがやりにくい方は、普段から頬や口角が下がってしまっている傾向にあります。頬や口角、鼻の横などを手で軽く押し上げながらトライしてみてください。
 
リップロールをしているときというは、自然に喉頭は下がっています。
 
一定の息の速度で行うと、横隔膜の周辺が鍛えられて腹式呼吸をマスターできるようにもなりますし、声帯のマッサージにもなりますから、人前で声を出す前に行うと出る声が全然違います。
リップロールは、いろんな意味でもお勧めのボイストレーニングメニューなんですよ。
 
今日は、喉頭を下げるという一点においてお伝えしました。
しかし、喉頭を下げて歌うときのイメージであくびをしながら歌ってみまると、一つ難しいことに気がつきます。
 
歌詞がしゃべりにくいのです。
 
歌詞をよくしゃべろうとすると、舌をよく使います。舌は喉頭とつながっていますので、舌が上がってくれば、喉頭も連動して上がってきてしまう。口の中も狭くなってしまう。
ここが悩ましいところです。
 
「ものすごく良い声なんだけど何をしゃべっているか分からない」というオペラ歌手を見かけることがありますが、理由はそういうことなんですね。
 
良い音を追求しながらも、歌詞に対しての工夫が必要となってきます。
だから歌手の方々は、「より良い声のまま歌詞が分かる」というギリギリのところを見つけてバランスをとる練習を日々行っています。
 
歌詞や響きとのバランスのとり方については、今後またご説明していければと思っています。
 
でも、まずは「良い声」ありきですよね。
ぜひ頑張ってみてください!

Comment(4)

コメント

happy

今私がまさに悩み中のことでした!高い音を自分なりにきれいだと思ってだしているときって、舌の奥がふさがっている。これはのどに力の入った音・・・。あくびをした状態で高音をだすのがほんとにうまくいかないんです!

happyさん
高音は力が入りがちですよね。力を入れると、いつも同じような声になって単調な表現になってしまいます。リラックスして出していきたいですね。

メグ

喉頭を下げるがリップロールで、意識できるなんて!嬉しいです。私は、中音「レ」の音が続くと次の「ファ」で、声帯が動きずらくなってしまいます。
喉頭が上がってしまったと理解して宜しいでしょうか?
また、その対策法などお教え頂けましたら、ありがたいです。

メグさん
実際に拝見していないので、的外れでしたらばご勘弁くださいね。メグさんは女声でしょうか。女声の場合、人によりますがたいていは「ファ」または「ソ」の位置で声のコントロールが上手く行かなくなります。チェンジの場所とも言われています。この位置をスムーズに歌えるようになるには、トレーニングで意識していく必要があります。やりやすい方法の一つでは、完全4度(ドからファの音程)または長3度(ドからミの音程)くらいの音程を母音で上下するポルタメントの練習をするとよいと思います。半音ずつくらいで音の高さを変えていくといいでしょう。よくお聴きになって音色が変化しない場所を探します。頑張ってみてくださいね!

コメントを投稿する