オルタナティブ・ブログ > 永井千佳の音楽ブログ >

ライフワークとしての音楽を考えていきます

音楽の役目はいずれやってくる

»

昨日、演奏会のために都内のクラッシック専用ホールにピアノの選定と打ち合わせに行ってきました。
 
ホールに到着してまず目に入ったのは、広告欄にある公演中止のお知らせ。
特に目立つのは外国の演奏家です。海外で日本のことがどのように取り扱われているのかを、まさに目の当たりにする思いを味わいました。
 
ホール内は、いつもは客電をつけているのですが、この日は真っ暗。
舞台上も、スポット数本だけで薄暗く、2台のスタインウェイ・フルコンサートグランドが静かに闇の中に浮かび上がっています。
節電を行っている様子。
 
ここのピアノは、すでに数回弾いたことがあるのですが、最後が約1年前だったため音が変化している可能性もあり、一応選定が必要でした。
 
最初にパラパラと弾いてみて驚きました。
 
透明感がなく音が眠っています。
 
これは相当な期間弾いていないな、ということがすぐに分かりました。
 
通常は毎日のように弾かれていて、管理もパーフェクトなはず。
このホールが、ピアノをこんな状態にしておくなんて考えられません。
 
楽器は、弾いてこそ、その性能を保つことができます。
使っていないと、せっかくの名器でも能力や価値が落ちてしまうものなのです。
 
ホールマネージャーさんの話しだと、やはりピアノは3月いっぱい使用していなかったそうです。
さらに、3月11日以降は、ほとんどの演奏会はキャンセル続き。
今後のホール自主公演も行うことができない、と苦しそうに言っていました。
他のスタッフも心なしかしょんぼりしています。

経済の低迷で公演数が減っているところに、この震災なのです。
 
本番の演奏会でも、舞台上の照明は通常の明るさは使わず、必要最低限の照明で行います。そうすることで、お客様にも少し納得していただけるのだそうです。
 
でも、暗めのほうが、かえってヨーロッパのホールみたいで雰囲気が出るかもしれないと思いました。
 
同行したマネージャーさんと帰りに話していたのですが、「7月頃まで、もうすでに仕事のキャンセルが多い」とのこと。「私たちにとって苦難の時期になってしまいました」
 
このままだと、日本の経済ばかりでなく、芸術文化さえもが落ち込んでしまう危機感を感じました。
 
良い演奏会をしたり、聴いたりした後、皆が元気になって、また社会貢献しようというエネルギーが出てくるのではないでしょうか。
 
皆が幸せになったとき、周りも幸せな気持ちになります。
 
しかし、今は、クラッシック音楽関係者にとって、力を蓄えるときかもしれません。本当に必要とされるときまで時間はかかるかもしれませんが、今回の震災をきっかけに、今までとは違った価値観が生まれ、新しい世界が開けるのではないか、と希望を持っています。

音楽の役目とは?そして、自分の役目とは?深くみつめたいと思っています。

Comment(6)

コメント

こんばんわ。私の周囲に若干名芸能人がおりますが、歌や演奏、演劇でこんなときこそみんなを癒したいと一様におっしゃいますがなかなか公演中止や街頭やブログ等での誹謗中傷等、とても苦労しておられます。
でも、私のような一般人としては、芸能が生業の方々には是非頑張っていただきたいです。

Fufuhu

今回の震災で被災した方だけでなく、関係のない人でも大きなショックを受けている方々はたくさんいるはずです。音楽の癒しが近いうちに必ず必要とされます。

そのときの音楽家の皆さんの頑張りに期待しています。追いつめられた人達が最後によすがとするのは宗教か芸術しかないですから。

トラパパさま、こんにちは。ありがとうございます。
自分の無力を感じ、何かできないかと焦るばかりのこの頃でした。今の自分にできることは、ほんの一隅を照らすようなこの目の前の仕事に行ずること。そして、そこで得たものをさらに社会に貢献することなのではないか、と思い至るようになりました。必要とされるときのために、誰かに「あなたが必要だ」と言われるときのために。がんばります。

Fufuhuさま
コメントありがとうございます。
いまだ行方不明の人たち、避難所で暮らす人たちにかけるべき言葉は何か。自分に問い続けています。しかし、暗さでなく、明るさを求めて、日々真剣勝負していきたいと思っています。有り難うございます。

HZ

中止かと思っていましたが、3/31に上野の東京文化会館大ホールで開かれた、オーケストラの日のコンサートに行ってきました。いつもなら開演のファンファーレですが、バッハのアリアの演奏の後に黙とう、でした。奏でられる音楽を素晴らしいと思うことができるのも、生きているからこそだと思います。助かった人にはなんとか生き延びて欲しい、そんなことを考えながら、少ないながらも義援金に協力しました。また、素晴らしいものを創造できる芸術家の方々にも活躍して欲しいと思っています。誰にでもできることではないのですから。

HZさま
良い演奏会に行かれましたね。生きて元気でいることがありがたいことだとあらためて思います。でも、これからが本当の正念場ですね。

コメントを投稿する