オルタナティブ・ブログ > 無事今日も終了です >

とてもマニアックな話を交えながら、雑多な話でお寛ぎください。

タイ人観光案内 その11  マクロ バンカピ

»

 タイでは小さなお店や露天がいろいろな物を売っていますが、どこで仕入れているかというと、今回紹介するMAKRO(マクロ)というお店から仕入れている場合が多いようです。
 私の友人のT氏に教えていただいた、バンカピのマクロに行ってみました。

204
 ちがくに大きなショッピングモールがあります。

205 206_2 
207 209 
215
 ほとんどの物が、単品では売られておらず、かなりの量を一度に買う必要があります。
 しかし、大変安いそして品揃えが豊富です。
 タイ土産を用意する場合、問題になるのが、同じものを大量に購入できない場合があるということ。
 同僚や友人達に同じ物をお土産としたいとしても、一般の小売店では、10個、20個とか同じものは無いのが普通です。
 ここでは逆に同じ物が大量に買えます。そして安いです。
 また通常お目にかかれない、業者(お店屋さん)用の商品などあります。
 私はポップコーン作成機が売られているのを初めて見ました。
 4万円程度で買えるというもの驚きです。

 ただ、こんな良い店にも弱点があります。
 それは、この店で購入するためには、この店の会員にならねばならぬこと。
 そのためには、タイ人はIDカード、外国人は、パスポートが必要です。
 これが結構面倒なので、ここを使わないという人もいると思われます。
 実は、私の友人T氏もその点を指摘していました。
 しかし、実際は何とかなるもので、サービスカウンターに行って、観光客だから、「一度だけ買い物できないか?」と聞いてみました。
 すると、何やら、紙を取り出し、これを持って行けばキャッシュで会員証なしで買えるとおしえてくれました。
 つまり、現金であれば、この紙をもらうことによってMAKROで買い物ができるわけです。
 クッキーやら柔軟材(家族に頼まれました。)やらを大量に購入することができました。
 と言っても、私などは本当に小さな買い物にすぎません。
216
 前のお客さんなどは、台車5台分、合計4万バーツ以上の買い物をされていました。
 ほとんどが食品や飲料製品でした。きっと自分のお店で売る商品でしょうね。
 キャッシャーの店員さんも慣れたもので、山のような商品をひとつずつ丁寧にバーコードを拾って行きます。
 一人のお客さんの処理に20分程度掛かりました。
 じっと待つ必要があります。

 ここのお店は、周りに大規模なショッピングモールがあるので、バンコクの中心からは外れますが、一日この回りで過ごすことができます。
 きっとあまり観光ガイドなどには載っていないはずです。
 是非ともお試しあれ。


 今日はここまで、またいつか御会いしましょう。




Comment(0)

コメント

コメントを投稿する