オルタナティブ・ブログ > 無事今日も終了です >

とてもマニアックな話を交えながら、雑多な話でお寛ぎください。

タイ国の真実らしきもの その6

»

 固めな話が続きましたので今回はまた話題を変えます。タクシーの話です。

Photo_2 黄色緑のタクシー(個人タクシー)

Photo_2 黄色のタクシー(会社タクシー?)

 日本では、どこにでもあるタクシーですが、タイ国では、タクシーがあるのはバンコク周辺だけです。観光地で有名なパタヤやチェンマイなどでもタクシーはほとんどありません。

 そんなタイ国のタクシー(タイ語ではテクシー)ですが、バンコクにはものすごい台数があります。主要道路はもとより、細い道でもタクシーはいます。日本の場合、客待ちをするタクシーの姿が普通ですが、バンコクのタクシーに客待ちは、一部の除きありません。みんな走って、お客を探します。タクシーに乗りたい場合、手を横に出して。タクシーを止めます。

 ここからが重要です。バンコクのタクシーは、お客が行き先を決定するのではなく、運転手との交渉で決めるのです。乗車拒否なんて当たり前です。乗る前に前席のドアを開けて、運転手に「・・・へ行きたいけど?・・」って聞いてOKなら後席から乗り込みます。

 もちろん、日本のタクシーのようにドアを運転手が開けてくれるなんて事はありません。自分で乗り込みます。サービスの悪い運転手の場合、大きな荷物を入れる手伝いもしてくれません。サービスはあまり良くないです。

 しかし料金は格安です。初乗りが100円、それから6円刻みで上がっていきます。ソワナポーン空港から会社まで600円ほどですが、時間にして渋滞なしで30分ほど、30キロ以上はあるのではないでしょうか。日本なら結構な金額だと思います。

 またバンコクのタクシーは不思議な事に長距離を嫌います。日本なら長距離ならよろこんでタクシーはどこへでも行きますよね。バンコクの場合、バンコク以外でのタクシーの需要がないため、帰りにお客を乗せることができずに割り損なのだそうです。

 バンコクのタクシーのほどんどがTOYOTAのカローラです。以前かなり古いタクシーに乗った事がありましたが、何とメータが2回りしたそうです。つまり200万キロ以上ということです。さすがにエンジンを3回交換したとか行っていましたが、車体は直しなおしずっと使っているとのことでした。

 何と言ってもカローラが一番長く乗れるのだとか。日本では、大衆車でタクシーなんかには絶対なれないカローラですが、バンコクでは長く乗れるカローラこそがタクシーにふさわしいのでしょう。日本では新車を5万キロ乗ったら交換だとか、10万キロ乗ったら十分だとか言われますが、もっと物を大切にしたいものです。

 今日はここまで、またいつか御会いしましょう。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する