オルタナティブ・ブログ > きょこ コーリング >

広報・マーケティングを中心に、ソーシャルメディアそしてアプリなど、マーケッターの関心事を綴ります♪

ブログは一体どんなイメージを与えるのだろうか?

»

リアルの知りあいが私のブログを読んだときに、現実の私とブログで書かれた私の間には違和感は感じないといいます。

でも、ブログやメルマガ、雑誌の連載、インタビューなどで私の存在を知った人は、直接お会いすると「イメージと違う」と感じることが多々あるようです。今までにショックだったのは、私のファン(え!嬉しい!)という可愛らしい女性が、某記者の紹介で会いに来て、がっかりして帰って行き、それ以降連絡がなくなった件です・・・(苦笑)。

でもこれって、ありがちな話なのかもしれませんね。たとえば、漫画がドラマ化されたり、アニメ化されたり、舞台化されたりしたときに、「あー、イメージが壊れる!」というのがあると思います。

その理由としては、平面の文字や絵に対して、自分で想像した立体や音を付け足していたので、その自分の想像と、仕上がったドラマでの声や動きなどが違っていた場合に、違和感を感じるのでしょうね。

ブログやインタビューなどもそうなのかもしれません。この人はこんな感じだろうとイメージが出来上がり、それが現実と違っている可能性もあるわけで・・・

仕事でお会いしたときに「ちがーう!」と言われないよう、なるべく本人らしさを出していますが、どんどん人に会って、リアルとネットのギャップを埋めていければと思いますが、ブログをやっている皆さんも似たような体験をされているのでしょうか?

Comment(5)

コメント

ブロがー同士は、会わないで想像の世界で憧れたり、尊敬したりするスタイルが一番いい方法です。

ただし、オフイシャルブログ等で、相手が職業として自己の顔写真を露出している場合は、営業ですから考えは別です。この場合は、例え会ったとしても失望などは少ないでしょう。

但し、性格とか話し方に失望する事が有るかもしれませんね。何れにしても難しいことですね。

beatnik

mixiでも同じような話は聞きますよね。
私も違和感は感じませんが、知らない人にすれば、いくらでも妄想できちゃいますよ。バリバリのスーパーウーマンとか、セレブ系とか(笑

blograjioさん>コメントありがとうございます。会わないでという方法もありますが、せっかくだから会ってみようかなあとつい思ってしまいます。難しいですねー。


beatnikさん>コメントありがとうございます。私のブログは失敗談などもあるので、あまりポジティブですごそうっていう妄想はないかと思いますが、どうなんでしょうね。

sept

ネトゲのオフ会なんかで人と会うと、大体、
カッコよければ『想像よりカッコいい』、
普通以下なら『想像よりイマイチ…』、
という感じに、それぞれなりますよね。
結局は第一印象のような気がしてます。

すると、きょこさんの一件は…!!??

septさん>コメントありがとうございます。どうなんでしょうね?友人・知人からは、写真を取り直したほうがいいとか、普段と変わらないと言われるのですが、結構人見知りをするので、第一印象がよくないのかもしれませんね(笑)。

コメントを投稿する