オルタナティブ・ブログ > 腐女子という市場(マーケット) >

40代で同人デビューしてしまった著者がその現場を体験しつつ腐女子を自認する立場で観察する幻の腐女子市場(マーケット)。はたしてそこに市場はあるのか、ないのか。デビューは10代が当たり前なコミケの現場などで突き当たる難問に頭を悩ませ、時に大失敗しつつの体験談を含めた、観察ブログ。

腐人の肖像「1」~夢中になったことがたまたま腐女子と呼ばれる範囲だっただけ~

»

この「腐人の肖像」では、腐女子(あるいは腐男子)や、

腐女子傾向のある方のインタビューをお送りしていきます。

 

 

30代半ばの彼女は、スレンダーで涼しげな外見の女性。
koi2.jpg色白の肌に切れ長の眼が、日本人形を思わせる。
黒いカットソーにローライズのジーンズ、チャコールグレーのシャツジャケットをはおり、
中性的な印象があるタイプ。

性的な目覚めは小学生の頃、
父親の買っていた「モーニング」で「エロい」ものに触れる。
腐女子的な目覚めは「ウルトラマン」だったという。
光をエネルギーとするウルトラマンが
光を遮断された空間に監禁され、
弱っていく様をみて「もやっとした」。
さらに「もっといてこましたれ!」と思った。

テレビアニメ「魔神英雄伝ワタル」で、少年に「萌え」、ショタという言葉を覚えた。
しかしその後、
菊池秀行の「マン・サーチャー・シリーズ」に出会い、
その登場人物であるところの、秋せつらに「萌え」、
内なる衝動を感じるものの、それが何かは解らないでいたところ、
同人誌というものに出会い、
「私の感じているこの衝動をカタチにしてもいいんだ!」
と創作活動を始める。

二次創作デビューは二十歳の頃、
「ファイナルファンタジー7」のセフィロス萌えから。

「二次創作をやり始めて、10年はセフィロスで描いてたのかな。
 出した本はこのっくらいにはなりますよ。
 (と、5~60センチの幅を手ぶりで示す
  同人誌1冊あたりの平均的な背幅は3~4ミリくらい)
 セフィロスというのは、
 もうすっごい強くて、誰も敵わないキャラなんです。
 その世界での絶対的力というか、そういうキャラ。
 絶対的父性とか、世界を支配する神すら手中にしたい!
 という衝動があるんですよね。
 だから攻めもそれなりに強いけど、ヘタレな感じのヘタレ攻め(※)、
 リバ(※)もオッケーです、というか基本リバです」

という彼女もまた、きっと誰かにとっての「神様」なんだろう。
 

 

そんな彼女は、父親との関係が良好とはいえない。
彼女の父は時には手も出るような厳しい人で、
無条件で可愛がられたという記憶は薄い。
そういったこともあってか、
「自分は男性からは好かれない」という思い込みを抱いている。
男性経験は乏しく、女性の恋人を持ったことがあり、
その女性との付き合いの中で、性的行為に及んだことはあるが、
どうもしっくりこなかったらしい。
「自分はヘテロセクシャルだと思う」と語る彼女は、
レズとヘテロの間を放浪しながら、腐女子でもある。

恋人ができたら、腐女子ではなくなると思うか聞いたら、
「それはそうなってみないと解らないかも」
という答えが返ってきた。
最後に
腐女子であることについてはどう思うかも聞いてみた。

「みんな何かに夢中だったり偏愛していたりするけど、
 自分はたまたまそれが、腐女子と呼ばれる範囲だっただけ、
 だと思います♪ 皆そうなんじゃないかなー」

 

 

※リバ  BLのカップリングにおける受け攻めが固定していない、入れ替わり可能なこと。 

※ヘタレ攻め 攻めキャラのほうがヘタレな場合。ダメなのに攻め、というギャップを楽しんだりできる。主導権を受けがとる場合、女王様受け、とか言ったりする。こういったカップリング論は、百家争鳴なので、異論反論ございましたら、どしどしコメントください。

 

※倉澤にインタビューされてもいい、という腐女子の方はコメント欄よりご連絡ください。コメントは非公開も可能です。

Comment(2)

コメント

tamami

立候補させていただいても良いですか?

ただ、入口が第一弾の方と似ていて「ワタル」なんですけど・・・。
よろしくお願いします。

倉澤

テストコメントを承りました。
とりあえず非公開といたしますので
これで何か確認が取れましたら、改めてご連絡ください。
倉澤コイ

コメントを投稿する