オルタナティブ・ブログ > 発想七日! >

日々の「ハッ、そうなのか!」を書き留める職遊渾然blog

過剰に楽天的な、かつ謙虚な、チョコレート

»

日頃手にする菓子や文房具、日用品には必ずといっていいほど英語が添えられています。ときどき、妙な表現がありますよね。いちいちあげつらうのは趣味ではありませんが、今日の菓子はなかなか解読が難しかった。

たぶん百円ショップで売っているチョコレート菓子だと思います。パッケージをふと見ると、こう書いてありました。

[Choco Cake]
Over-optimism modest chocolate and a soft marshmallow lead you in elegant tea time.

過剰な楽観主義?謙虚な?チョコレート?
むむむと嫁さんと首をひねっていると、一緒にいた長男Aくん7歳が

「甘さ控えめなチョコレートと…」

と言い出すではありませんか。彼の目線を追うと、裏(我々が裏を見ていたので本来の表)に英語と日本語が並記されているのを見つけました。

[Choco Cake]
Over-optimism modest chocolate and a soft marshmallow lead you in elegant tea time.
甘さ控えめなチョコレートと柔らかいマシュマロがあなたをエレガントなティータイムに導きます。

「modestは『控えめ』の訳だよね」
「ということは、Over-optimismが『甘さ』ということか…optimismにはsweetって意味もあるのかな?」
と、辞書まで引っ張り出して考えること数分。ハッと来ました。

「計画などが楽観的すぎる」という意味で、「計画が甘い」と言いますよね。おそらくは「甘さ」に対応する英語を探していて、Over-optimismという言葉にぶつかったのではないでしょうか。

これはblogに書かざるを得まいと、パッケージの写真なども撮ったのですが、低価格で美味しい菓子を作ってくれているメーカーに悪いような気がして止めました。その会社に、より望ましいと思う訳の事例でも添えて、教えてあげればいいわけです。

ところで、こういうパッケージに載せる英語の文章って、大きな企業の製品であってもときどきアレなものがあります。和英翻訳の得意な方は、パッケージの翻訳を請け負ってはいかがでしょう。商品のイメージ写真と日本語の文章を受け取って、短い(かつ正しい)英語を返してあげる。かなり重宝されるのでは。

Comment(4)

コメント

一読者

この手の英語のコピーは大概の場合、デザイナーが勝手に見た目だけで選んでいることが多いです。メーカー側も英語が判っている人が担当ではないので、単に英語ならカッコイイぐらいの感覚です。逆に「正しい英語が云々」ということで注意すると、煙たがられるのがオチだったりします。

一読者さん、情報ありがとうございます。
> デザイナーが勝手に見た目だけで選んでいることが多いです。
「選んでいる」というのは、言葉を選ぶ、つまり英作文をするということと理解しました。英語の文章を考えるのもデザイナーの仕事のうち(となるケースが、この手の英語のコピーの場合は多い)ということですね。なんとなく、メーカーの方が作文しているのかと思っていました。

台湾で商品名やコピーにひらがなの「の」が多用されていて、面白かったのを思い出しました。これも正しいかどうかではなく、ビジュアル的な効果を狙ってのことではないかと感じました。
(「の」が入ると日本語っぽく見えるらしい)。
本筋とは関係がないのですが、A君が7歳にして「控えめ」という漢字を読めることに、ばんちょ~ ビックリしちまいましたよーん。

> (「の」が入ると日本語っぽく見えるらしい)。
そう聞いたことがあります。本当に多いんですね。

> A君が7歳にして「控えめ」という漢字を読める
子供は読めない字でもかなり文脈を解釈してテキトーに読みますよね。それが結構当たっているから面白いです(本当に読んだのかもしれませんが)。

コメントを投稿する