オルタナティブ・ブログ > 発想七日! >

日々の「ハッ、そうなのか!」を書き留める職遊渾然blog

手を使わずに公衆トイレから出る方法

»

驚くべきことに、女性の3割、男性では4割が公衆トイレで手を洗わない。子供は言わずもがなである。公衆トイレを出るときにはハンドルを握るが、あれは便座を握っているようなものではないか。
- "Why did we create the Footpull?"

Footpull
©footpull.com(赤丸は引用者が付加)

…というわけで、footpull.comでは手を使わずにトイレから出るソリューションを提供しています。要するに靴で引っかけてドアを開く器具。

トイレの出口のハンドルがバッチイというのであれば、まずは手洗いの励行、次に抗菌ハンドル…と、ハンドルを綺麗にすることばかり考えてしまいます。Footpullはそうではなく、手を使うニーズ自体を無くしてしまえという発想。

そもそも、それを使わずに目的を果たせないか?と考えてみることで解決策が見つかること、ありそうですね。

もちろん、事後は手を洗いましょう。ハンドルのためだけでなく自分のために。

▼ネタ元

footpull.com
<- "Dirty Public Restrooms Yield Invention" - NBC5i Online
  <- "Dirty Public Restrooms Yield Invention" - Business Opportunities Weblog

Comment(2)

コメント

なんとなく不潔な気がして手を洗う事に疑いを持たなかったのですが。。。予想外に洗わない人が多いのですね。多分、このドア付いてても習慣で手を洗っちゃう気がします(笑)

> 予想外に洗わない人が多いのですね。
ねえ。USでの調査です、念のため。

コメントを投稿する