オルタナティブ・ブログ > ナレッジ!?情報共有・・・永遠の課題への挑戦 >

エンタープライズコラボレーションの今と今後を鋭く分析

島根県、沖縄県、富山県はFacebook利用率が6割を超えるソーシャルメディア先進県だそうだ

»

 先週の木曜日にソーシャルエンタープライズカンファレンス2012に参加したことは書いたが、その中で受講したブランドダイアログの稲葉社長のプレゼンテーションでちょっと衝撃的なデータを見せられたので紹介。

 当日は資料の配布はなかったのだが稲葉社長のブログに該当の表があったので以下に画像をそのまま引用させていただいた。


(クリックすると稲葉社長のブログに飛びます)

 Facebookの各県ごとの利用者を国税調査データにある都道府県別人口で割って利用者比率を求めると20%を超えている県が3つもあるという。しかもFacebook利用年齢を15~54歳と仮定するとこの3県でのFacebook利用率は6割に昇るという!

 都道府県未登録者約650万人を按分しているとはいえ、にわかには信じられない数字なのだけど、ちょっと凄い事になってきていて驚いた。

Comment(1)

コメント

今は直ってますが、以前は新宿区は人口の2倍、つまり200%のFacebookユーザーがいましたよ。

コメントを投稿する