オルタナティブ・ブログ > ナレッジ!?情報共有・・・永遠の課題への挑戦 >

エンタープライズコラボレーションの今と今後を鋭く分析

地図連携して近くのものを探すアプリはもっともっと増えて欲しい

»

 今日の日経朝刊の千葉版のページに「地図画面にAED情報」というニュースが載っていた。千葉県内の2890ヶ所のAEDの設置場所が地図上で検索できるシステムが23日にスタートするそうだ。AEDなんて日ごろはあんまり気にしなくて、いざというときにとっさに設置場所が出てこないだろうからGJだ。

 ネット上のサービスに相乗りする形式で作ったようで、初期費用が90万円で、運用コストも90万円/年と安価に構築してあり、良いことだと思った。設置場所はリストでも提供されていると書いてあったのでGoogleMapなんかにも連携させた人がいるんだろうなぁと思って、ふとマーケットを調べてみたら案の定かなり前からiOS向けにもAndroid向けにもAED検索用のアプリがいくつも出ていた。さすがだ。

 AEDだけでなく、WiFiスポットや電源の借りれる場所、公衆トイレや喫煙所など、出先で必要なのに見つからなくて困るようなちょっとした不便を解消するためのアプリはもっともっと増えれば良いのにと思う。開発者の方々、ぜひ頑張ってください。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する