オルタナティブ・ブログ > ナレッジ!?情報共有・・・永遠の課題への挑戦 >

エンタープライズコラボレーションの今と今後を鋭く分析

GALAXY Tab 10.1 LTE体験:ISPをモペラに変更したら急に快適に?

»

 GALAXY Tab 10.1 LTEで苦労している事を2つ続けて書いたが、特にネット接続が不安定でDocomoのサイトすら時々表示できなくなるのに閉口していた。それでふと思いついてデータ通信のISPをspモードからmoperaUに変更してみた。
 変更手順は非常に簡単。「設定」画面の「無線とネットワーク」から「モバイルネットワーク」を選択。モバイルネットワークのダイアログが表示されるのでAPNを選択しmoperaUを選ぶだけ。

 これだけなのだが、この変更後急に快適になった(気がする)。LTE接続の高速環境でネットサーフィンや日経新聞デジタル版へのアクセスはさくさく進むし、何度もエラーになっていて苦労をしていたDocomoのMoperaUのパスワードの初期設定画面もこちらからつないだらなんなく通過。無事に初期設定をやり直して公衆無線LANにも接続できた。

 ネットでちょっと調べてみるとspモードは何かいろいろ複雑なことをしているらしく(参考:「高木浩光@自宅の日記 - spモードはなぜIPアドレスに頼らざるを得なかったか」)、それでオーバーヘッドがかかっていたり不安定だったりするのかもしれない。spモードとmoperaUの差はメールアドレスのドメインが変わるくらいで元々スマホ使いでdocomoドメインのアドレスを使っていなかった私にとってはmoperaUで十分ということになる。

 spモードとmoperaUの両方を申し込んでおいてよかったってことだが、同じような経験をした人いるかしらん?
 とりあえずこの環境でしばらく試していこうと思う。機会があれば、快適になったことが気のせいでないことを確認するためにAPNを切り替えて両者の速度測定をして比較なんかもやってみようと思う。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する