オルタナティブ・ブログ > ナレッジ!?情報共有・・・永遠の課題への挑戦 >

エンタープライズコラボレーションの今と今後を鋭く分析

iPhoneアプリ『朗読少女』が羅生門を先着1万人迄無料ダウンロード提供

»

 昨日はマイコミジャーナルのマイスマ! 2011というイベントのマイコミ スマートフォンアワード 2011を見てきた。表彰式では、「iPhone&iPadアプリ部門」「Androidアプリ部門」「アクセサリ・周辺機器部門」「端末部門」「サービス部門」「ソリューション活用部門」「電子出版(コンテンツ&サービス)部門」の7部門の各賞と審査員特別賞、メディア賞、そして大賞の発表があった。各部門の受賞アプリ(製品/サービスは「マイコミ スマートフォンアワード2011、大賞は『武雄市MY図書館』に決定!」の記事のほうの詳細にレポートされているのでそちらを参照してほしいが、大賞に輝いた『武雄市MY図書館』は、これからの時代の図書館サービスを切り開いたという面からも大賞を受賞して当然の内容。実はこの表彰式までこのアプリとサービスの存在を知らなかったのだが、うちの住んでる市でもぜひ初めてほしいと思った。

 ちなみに授賞式で紹介されて感心したのは、サービス部門で最優秀賞を受賞した『レグザAppsコネクト』{※上記のマイコミジャーナルの記事ではあえてこの部門だけ受賞作の報告がないけどなんでだろ?}スマートフォンをテレビのリモコンにするだけでなく、声優リモコンという機能でリモコンを貪るといろいろ喋ったりするデモを壇上で開発者が披露していたのをみて、司会者の方も思わず「次にテレビを買い換えるときはRegzaにします!」と言っていたが私も強くそう思ってしまったw。

 そして最後に耳寄り情報を、当日「電子出版部門」で最優秀賞を獲得した『朗読少女』が受賞を記念して書籍データの羅生門を先着1万人迄無料でダウンロードできるキャンペーンを開始している。授賞式の場で思いついたアイデアをオトバンクの別の社員さんが急遽その場から会社に電話して対応している姿は苦笑ものだったが、声優のささきのぞみさんが制服を着た少女の朗読を担当するということで話題だったあれを試せるチャンス、ということで私もすぐにiPad2にダウンロードして聴いてみた。

===2011/7/31 0:45
 タイトルが長すぎたので短く修正しました

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する