オルタナティブ・ブログ > ナレッジ!?情報共有・・・永遠の課題への挑戦 >

エンタープライズコラボレーションの今と今後を鋭く分析

3年で辞めた若者はどこへいくのか?

»

 ヒット作となった「若者はなぜ三年で辞めるのか」をかなり前に読んだ。 関連書籍となるだろう「若者はなぜ会社選びに失敗するのか」も読んだ。

 別に書いてあることを否定もしない。納得できる部分も多い。正しい部分も多い本だ。

 で、最近考えているのは、例えば大卒の若者の3割が入社3年以内に会社を辞めていることは認識したのだが、彼らはその後どこへ行っているのかということだ。こういった本の言っている若者(新入社員)というのは、従来型の伝統型大企業、上場企業、有名企業へ入社した人たちのことを言っているのだと思うのだが、そうして辞めた人たちはその後どこへ行ったのかに非常に興味を覚える。

 大学などの勉学の場に戻ったのか、それとも同じ業界の競合他社に移ったのか、別の業界に転職したのか、はたまたベンチャーへ転じたり自分で起業したのか、その動向を知りたいのだが、何かご存知の方はいらっしゃらないだろうか?

Comment(5)

コメント

おそらく一番答えられる人なので、コメントいたします。
周り(社会人2年目組)
ではまだあんまり辞めていない感じですが、
それでも止めた人の例を出してみると

実家にもどってフリーター。
or
まったくの他業種へ行く(営業→福祉)
or
専門学校へ行く(営業→日本語教師学校)
or
体を壊したので養生する

ですかねぇ。

自分は、今のところポートフォリオワーカー
気取りなのでとりあえず上記のような
感じにはならなそうですが、まだ2年あるので
わからんところです。

1,2年上の先輩ぐらいから、
そこそこキャリアアップといって良い
転職をしているようですよ。

クドウさんコメントありがとうございました。

「実家にもどる」「まったくの他業種へ行く」「勉強し直す」「療養」ってのは私が入社した直後の時代でもおおむね一般的な辞めた後のコースで、だとするとあまり変ってないですね。単にそういう人の数が増えただけと言うことなのでしょうか?
 あと「転職でキャリアアップ」という転職斡旋会社の謳い文句みたいなのって良く聞くんですが、この際の「キャリアアップ」って定義はなんなのでしょうか?
「小さい会社から大きな会社に移る」とか「年収が上がる」のがキャリアアップ?だとすると3年で辞めているのは相対的に小さい会社に入社した若い人たちってことになるのでしょうか?
 うーん。まだ、よくわかりません。

>>吉川さん
>単にそういう人の数が増えただけと言うことなのでしょうか?
そんなに増えてはいないと思いますが。。。
少なくても同年代は、入社して6ヶ月の期間を過ぎてから辞めた人はいないですね。
もしかしたら2-3年目ぐらいにキャリアを変えたくなる時期とかが出てくるかもしれません。

>「小さい会社から大きな会社に移る」とか「年収>が上がる」のがキャリアアップ?だとすると3年>で辞めているのは相対的に小さい会社に入社した>若い人たちってことになるのでしょうか?
自分の周りの少し上の先輩は、吉川さんの想定とは違うかもしれません。
パターンとしてあったのは
「大手企業→ベンチャー一桁幹部候補」と
「ベンチャー一桁社員→大手子会社」の
パターンでしたね。
後者は吉川さんの想定ケースだと思います。
年収はどちらも上がるようなことを言ってたと
思います。
業種は、まったく同じでなかったとも記憶しています。
例:小売店勤務→小売店の情報システム企業
のような感じです。
参考になればと思います~。
あと、知ってる限り転職サイトで転職はいないですね。
私の先輩達は、元々知人の会社に転職や仕事の付き合いから引き抜き転職みたいですよ。

はじめまして。
ちょうど3年で大企業を辞めた人間です。
勤務先は通信会社でしたが、私はいわゆる
ベンチャー企業に転進しました。
(勤務先の社員数が1000分の1以下でした)
周りもそれなりに転職が多かったのですが、
転職先として多かったのは、サイバー
エージェントや楽天、インテリジェンスといった
ベンチャーを卒業した企業群が多いです。
 若手が色々できそう&第二新卒採用をやっている
一方で企業自体は安定してそうなところに集まるのかとは思います。

工藤さん、やまださん、コメントありがとうございます。
なるほど大企業を辞めてベンチャーを卒業した新興企業に行く人が結構いるということですね。そう言われてみれば、私の会社を辞めた人もそういうところに行くケースは結構多いかも。
参考になります。ありがとうございました。

コメントを投稿する