オルタナティブ・ブログ > 少しでもパラノイアになってみる >

知的好奇心を満たすために、いろいろなことにチャレンジする

Lenovoの"Microsoft Windows 7 搭載PC Touch & Try イベント"に行ってきました

»

LenovoのThinkPadが触れるイベントがありましたので、行って来ました。

目的は、ThinkPad T400sのキーボードタッチとLenovoが実施しているWindows7 Lenovo Enhanced Experienceがどの程度なのか知るためです。

Lenovoのイベントに行くのは初めてだったのですが、触ることができるPCを予約制で十分な時間を確保できたのはよかったです。おかげでThinkPad T400sを再起動なども試すことができました。キーボードなどの感触を使えたのはThinkPad T400sと予約制でなかったThinkPad W700sやIdeaPadシリーズを触ってきました。

ThinkPad W700dsは写真を撮ってこなかったのですが、すごいですね。ノートPCで初めてデュアルディスプレイ構成ができて、ここまででかくなくても言う感じです。

驚いたのはデュアルディスプレイだけではなく、パームレスト・デジタイザーの作りと面白かったです。タッチしていなくても、ある一定の距離まではマウスポインターが動いていました。ThinkPad W700dsは、私的には価格的に購入対象になりえませんが、フラグシップはやっぱりつくりが違いますね。

今回のイベントで最も知りたかったのは、ThinkPad T400sのキーボードです。

予約を取って触ってみました。キー入力した感じでは、USBキーボードよりも硬いイメージです。硬いと言ってもキーボードのフィーリングではなくて、土台の差が出ている感じです。これならば、ThinkPad T400sのキーボードの方がいいですね。

次にWindows7 Lenovo Enhanced Experienceの説明です。以下のような資料が出ていました。

LenovoのサイトにあるEE導入後の起動時間の資料は、ThinkPad T400sのものであるようです。

起動時間の差を実際にデモを行っていましたが、資料どおり差が明確でした。ここまで早くなるのならば購入/導入したいとさえ思えましたね。

但し、私が触ったThinkPad T400sは適応されていないのか、起動時に50秒ぐらいかかっていました。

また、説明に関して質疑応答が無かったため、旧機種への対応とかは分かりませんでした。残念でした。近くのLenovoの方に聞けばよかったのかな?ThinkPad X61も対応してくれるとすっごく助かります。

Lenovoのイベントに行ったのは初めてですが、予約制でPCを独り占めして触れる方針はよかったです。新製品があるたびに行って欲しいものです。

Comment(2)

コメント

EMO

初めまして。あの日のカフェソラーレには自分も行きました。

>但し、私が触ったThinkPad T400sは適応されていないのか、起動時に50秒ぐらいかかっていました。

触れるようになっていたT400sはHDD搭載機でしたから、そんなものかと思います。起動デモに使っていたのはSSD搭載機でしたが。

>ThinkPad X61も対応してくれるとすっごく助かります。

旧世代には、Enhanced Experience対応のBIOS、ドライバーは提供されないようです。

櫻吉

EMOさん
コメントありがとうございます。
>触れるようになっていたT400sはHDD搭載機でしたから、そんなものかと思います。起動デモに使っていたのはSSD搭載機でしたが。
ご指摘のとおりデバイスを確認するのを忘れていました。HDDならそうですね。
>旧世代には、Enhanced Experience対応のBIOS、ドライバーは提供されないようです。
後から調べるとそうみたいですね。少し残念ですが、今使っているThinkPad X61はWindows 7に変更後も十分起動や終了が早いので気にしないことにしました。
今後もよろしくお願いいたします。

コメントを投稿する