オルタナティブ・ブログ > けんじろう と コラボろう! >

ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

ブログは使いやすい?ITのなぜ操作性は良くならないのか?

»

 昨年から遅ればせながらブログを始めて思うことだが、なぜ、これほど操作性が悪いのだろう。 「これぞWeb2.0」と言っているサイトも沢山見たが、総じて操作性が悪い。 操作性というより、迷子になるという表現の方が正しいかもしれない。 今、何のページにいて、何かをしたいときにどこを選べばいいのかがわからなくなってしまうのである。
 これは私が典型的な古い日本人だから感じることなのか、慣れの問題なのか、新しい技術と言われるものが通らなくてはならない道なのか。
 思い返してみると、

NECの文豪とか富士通のOASYS、シャープの書院などのワープロ専用機を使っていて、毎年、FEP(漢字変換)が良くなって、キーボードもM式(森田式)とか、親指シフトと使いやすくなってきたと思ったら、パソコンに取って代わったときに強烈に「使いにくい」と感じたのを覚えている。 F9450とかN5200についていたEPOシリーズやLANシリーズは、まだ良かったのだが、一太郎とかユーカラ、松茸(だったかな?)秀丸(?)といった、”使いやすい”と言われていたソフトは、私にとっては、ことごとく使いにくかった。
 罫線が減り、行間も自由でなくなり、レスポンスは悪くなり、キーボードも打ちにくくなり、親切なワンタッチボタンが消えた。 まあ、それは安いからしょうがないとあきらめたとしても、好きな位置に文字を打てなくなったのには驚いた。 今までは好きな位置に縦横に矢印キーだけで自由にカーソルが動いて、そこに文字が打てたのに、空白の場所にはカーソルが動かなくなった。 Enterで下に動かし、上に動かすのは↑キー、右に動かすときはスペースキー、左は←キーという整合性のなさである。 まったく不思議な現象であった。 今では慣れたが。 これが20年も前のことであり、まだ、あのワープロ専用機の操作性には達していない。 
 そのころ若者が「これがオープン化です」と言っていたが、私には単なる「欧米か」だと感じたものだった。タイプライターから来ているからであろう。
新しい技術が出ると、必ず操作性は悪化し、その後、徐々に改善し、そしてまた、新しい技術が出るという繰り返しなのかもしれない。 こう感じるのは私だけなのだろうか?
 この文字入力に関して、ひとつだけ操作性が良くなったと感じるものがある。 それは携帯電話の文字入力である。 数字キーしかない状況で「い」と入れれば「今、いつ、、、」と候補が出てくる。 この大きさでこれだけの操作性は今まで見たことがない。 以前、ポータルブルターミナル(POT)というのがあり、在庫の棚卸や移動図書館などで利用されていたが、そのころでは創造できない操作性の進化がここにはある。k

Comment(4)

コメント

NDOMINO-S

>なぜ、これほど操作性が悪いのだろう。

やはりクライアントがブラウザだからではないかと思います。Web2.0だAjaxだといくら言ってもブラウザはあくまでも「閲覧」が基本機能のソフトでブラウザである限りどう工夫しても専用クライアントに劣る部分はどうしても残ってしまうのではないのではないかと私は思っています。

そういえばリアルコムの竹内さんもけんじろうさんと似たような考え持たれているのか「ブラウザによるWebアプリケーションを社内オフィスワーカーに使わせることで生産性が低下してしまった。」という意見を述べられています。(下記URL参照)

オフィスワーカーを助けるシステムへの回帰 - Software Development [ITmedia オルタナティブ・ブログ]
http://blogs.itmedia.co.jp/takeuchi/2006/10/post_4013.html

Webアプリケーションサーバーの名前が出始めてからは、なんでも「Webだ、Javaだ」という感じですが、思えばWeb系の技術は既存にあるデータを表現する部分は進化させても、入力や編集の処理の部分(基幹系システムとかトランザクション処理の部分)のユーザビリティ向上には全くっていいほど貢献していない気がします。

bibendum_iwa

はじめまして。元箱崎のイベント屋です。
論点がズレてしまうかもしれませんが、コメントをひとつ。

自分が経験したパンチカードがギリギリ生き残っていた時代から一貫して、IT系のものは総じて慣れの問題と思っているのですが、要は「デザイナー」がきちんと関与していないからだと思います。ずいぶんと前なのですが、いろんな経緯でテレビドラマの中のあるシーンで使われたPCの画面のデザインと制作をしたことがあるのですが、ドラマの中でごく短い時間だけ映るものでしたので、そのときには監督からシステム的なリアリティよりも見た瞬間に直感的に判るデザインを優先して欲しいと言われた記憶があります。

そのときに気がついたのが、アプリケーションのデザイナーやプログラマーで、システム・デザインではなく。たとえばインダストリアル・デザインやグラフィック・デザインを本当に勉強したことがある人が何人居るのだろうかということです。たぶん殆ど居ないと思うのですが、ツールやシステム的な制限が機能要件が先に立って、ユーザーの視線がどう動くのか、次の動作に何を期待するのか、色使いはどうあればよいのか、書体はどう選べばよいのかといった人間の直感に作用する本質的なことが意識されることが殆ど無いような気がします。

もちろんグラフィック・デザインだけが先走ると凝り過ぎたWebサイトのように結局使いにくいものになったりしますが、少なくともシステムの作り手が考えるIT的な使いやすさと、ユーザーがそもそも求める使いやすさの理解との乖離というのが未だにあるのではないかと思います。ただ、だからどういう形が良いのかとか、それが商業ベースに乗るのかとか言われると答えが無いのが辛いですが。

NDOMINO-Sさん
確かに技術面で考えると、現行のWebでの限界かもしれませんね。 でも、もう少しデザインでなんとかなる気がしますが。 そういう意味では、クラサバ系のリッチクライアントであるサーバー管理型クライアントに期待したいところです。

bibendum_iwaさん
はじめまして。
>自分が経験したパンチカードがギリギリ生き残っていた時代
懐かしいですね。 学生時代にCOBOLの課題が間に合わなくて、Dupボタンを押し続けてカードをコピー+カードの最後に自分の名前を入れるというのをやった覚えがあります。

>「デザイナー」がきちんと関与していないからだと思います。
 そうですね。 一時期インターネットに次々とホームページがたっていたころは、シンプルだがワンポイントのグラフィカルさがあって、なじみやすいデザインをしてくれる一匹狼のデザイナーがいて、頼んでいた時期があったのですが、それ以降は、急速になくなりました。
 日本の製造メーカーが今まで強かったのは、そのあたりの操作性、機能性をしっかり考え、消費者がうるさかったからだと思います。

コメントを投稿する