オルタナティブ・ブログ > NOKIZAL決算速報 >

「NOKIZAL」で日々収集している上場企業や話題の非上場企業の最新決算情報を速報値としてお届けします。

おばあちゃんの戸棚にありそうなお菓子を供給し続ける春日井製菓はグローバル展開も地道に拡大など:1分から読める注目の非上場企業の決算情報

»

春日井製菓.pngおばあちゃんの戸棚にありそうなお菓子を供給し続ける春日井製菓はグローバル展開も地道に拡大など、2015年11月13日の1分から読める注目の非上場企業の決算情報です。

第70期決算公告 11月9日官報39頁より

 当期純利益(2014年12月31日現在)

528,886千円

 利益剰余金(2014年12月31日現在)

9,130,932千円(-)

企業情報

 企業概要

おばあちゃんの家にあるイメージの、小さい頃に食べた記憶はあるし、今でも食べれば普通に美味しいんだけど、絶妙に昭和臭さを感じさせる「こういうのって今どきどこで買ってくるの?」的なおやつってありませんか?例えば「黒あめ」「落花あめ」「塩あめ」「ニッキアメ」「フルーツあめ」「花のくちづけ」みたいな飴とか、ピーナッツブロックチョコ」「ゼリービンズ」みたいな明らかに今どきではないスイーツ、グリーン豆」「いかピーナ」のような侘び寂びすら感じさせるスナック菓子。。

それらを一手におばあちゃん達の戸棚に供給しているのが、1928年創業の春日井製菓です。とはいえ上記のようなお菓子に体現される「おいしくて、安心して多くの人々に愛され続けるお菓子作り」という経営理念だけでなく、近年ではコンビニやドラッグストアでも意外とそれらのお菓子を見かけたりしますし、実は海外展開も積極的で世界40カ国以上に輸出しているんですね。特にブラジルでは「キャンディ」と言えば「kasugai」と言われるレベルだとか。5億円の純利益と90億円の利益剰余金を生み出す黒飴マンは伊達じゃないです。

それらは全て本社のある愛知県内で生産されており、ローカルで作ってグローバルに展開しているという意味ではグローカル企業とも言え、そこも素晴らしいですね。ちなみに、社名の由来ですが、同社は1972年に春日井工場を建設しており今も主力工場の一つとして稼働させているので、誤解されがちですが春日井というのは地名ではなく、創業者の姓から来ています。

 その他企業情報

詳しくはこちら

決算数字の留意事項

基本的に、当期純利益はその期の最終的な損益を、利益剰余金はその期までの累積黒字額or赤字額を示しています。ただし、当期純利益だけでは広告や設備等への投資状況や突発的な損益発生等の個別状況までは把握できないことがあります。また、利益剰余金に関しても、資本金に組み入れることも可能なので、それが少ないorマイナス=良くない状況、とはならないケースもありますので、企業の経営状況の判断基準の一つとしてご利用下さい。

NOKIZAL(ノキザル)のご紹介

NOKIZALは全国の企業情報(全上場企業3600社、非上場企業25000社以上の業績情報含む)を無料&会員登録不要で提供している、ビジネスマンや就活生向けのカジュアルな企業情報ダッシュボードツールです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する