オルタナティブ・ブログ > NOKIZAL決算速報 >

「NOKIZAL」で日々収集している上場企業や話題の非上場企業の最新決算情報を速報値としてお届けします。

日本マイクロソフトが減収減益:1分で読める注目の非上場企業の決算まとめ

»

日本マイクロソフト.pngのサムネイル画像のサムネイル画像一昨日のキングソフトからの、本家本元、世界の巨人、Windowsの日本マイクロソフト株式会社それぞれ13%と35%の減収減益、2015年10月2日の決算速報です。

第30期決算公告 10月1日官報128頁より

 売上高()は前年比

380,124百万円△13%

 経常利益()は前年比

32,614百万円△35%

 過去の決算情報

詳しくはこちら

企業情報

 企業概要

1975年にビル・ゲイツとポール・アレンによって設立された、Microsoft Windowsオペレーティングシステムおよび生産性向上ソフトウェアのMicrosoft Officeシリーズで知られた世界の巨人。年商10兆円、100を超える国の従業員は約10万人。

 最近の動向

米Microsoftは2015年9月23日に「Office 2016」を「Office 365」ユーザー向けに提供開始。相変わらず、他のギガントとも米国らしく法廷で会ってるようです。ちなみに、ゲイツの共同創業者のポールさんが最近、武蔵見つけてくれました

 その他企業情報

詳しくはこちら

決算数字の留意事項

基本的に、当期純利益はその期の最終的な損益を、利益剰余金はその期までの累積黒字額or赤字額を示しています。ただし、当期純利益だけでは広告や設備等への投資状況や突発的な損益発生等の個別状況までは把握できないことがあります。また、利益剰余金に関しても、資本金に組み入れることも可能なので、それが少ないorマイナス=良くない、とはならないケースもありますので、企業の経営状況の判断基準の一つとしてご利用下さい。

NOKIZAL(ノキザル)のご紹介

NOKIZALは全国の企業情報(全上場企業3600社、非上場企業25000社以上の業績情報含む)を無料&会員登録不要で提供している、個人向けのカジュアルな企業情報ダッシュボードツールです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する