オルタナティブ・ブログ > NOKIZAL決算速報 >

「NOKIZAL」で日々収集している上場企業や話題の非上場企業の最新決算情報を速報値としてお届けします。

全世界販売数2億本のポケモンシリーズで知られる、ゲームフリークの純利益16億円&利益剰余金99億円など:1分から読める注目の非上場企業の決算まとめ

»

ゲームフリーク.png全世界販売数2億本のポケモンシリーズで知られる、伝説的なゲーム制作会社、株式会社ゲームフリークの純利益16億円&利益剰余金99億円など、2015年10月29日の1分から読める注目の非上場企業の決算まとめです。

決算公告 10月27日官報59頁より

 当期純利益

1,637,495千円(2015年3月31日現在)

 利益剰余金

9,973,522千円2015年3月31日現在

企業情報

 企業概要

ゲームフリークは全世界累計販売数2億本の「ポケットモンスター」シリーズで知られる、ゲーム制作会社で、代表の田尻智氏が主宰したゲーム系同人誌サークル「ゲームフリーク」を母体として、1989年に設立されています。ポケモンの主人公「サトシ」も代表の田尻氏に由来しており、ライバルの名前候補に上がる「シゲル」は田尻氏も尊敬する「マリオ」「ゼルダ」等のプロデューサー、任天堂の宮本茂氏から取られているというのは有名なエピソードです。

その他にも、ポケモンは幼少時に昆虫博士として、田尻氏が昆虫採集に夢中になってた原体験に基づいている、ポケモンの構想は創業当初からあったが、その資金集めとして、ポケモン以外の有名タイトル「ヨッシーのたまご」や「マリオとワリオ」を作っていた等々、もはや周辺エピソードを拾うだけで、日本の子供用ゲーム史を振り返れそうな、伝説的なゲームクリエイター企業ですね。

 最近の動向

最近、ポケモンで話題になったと言えば、任天堂の故岩田社長が最後まで手がけていたという「PokemonGO」がありましたが、同社のゲームの最新作『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』も、ファミ通アワード2014日本ゲーム大賞2015で優秀賞を獲得する等、流行り廃りの激しい子供向け市場で、引き続き人気作品として支持を集めていますね。

 その他企業情報

詳しくはこちら

決算数字の留意事項

基本的に、当期純利益はその期の最終的な損益を、利益剰余金はその期までの累積黒字額or赤字額を示しています。ただし、当期純利益だけでは広告や設備等への投資状況や突発的な損益発生等の個別状況までは把握できないことがあります。また、利益剰余金に関しても、資本金に組み入れることも可能なので、それが少ないorマイナス=良くない状況、とはならないケースもありますので、企業の経営状況の判断基準の一つとしてご利用下さい。

NOKIZAL(ノキザル)のご紹介

NOKIZALは全国の企業情報(全上場企業3600社、非上場企業25000社以上の業績情報含む)を無料&会員登録不要で提供している、ビジネスマンや就活生向けのカジュアルな企業情報ダッシュボードツールです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する