オルタナティブ・ブログ > 破壊的イノベーションでキャズム越え >

国境なきオープンイノベーション(C&D)で、世界のソフトを日本で仕上げて世界で売り抜く!

自分の限界を決めない

»

AR COMMONSにて、慶應義塾大学 環境情報学部准教授兼政策・メディア研究科委員(湘南藤沢キャンパス) 加藤文俊先生とお会いしました。(SFC研究所 ケータイラボのメンバーでもあります。)

シンポジウムの慌ただしい空間で、ご挨拶程度のコミュニケーションしかできず、日頃もメール上でのコミュニケーションのみでしたので、早速ですが、在宅ワークの合間の夕方にSFCまで足を運んで、春学期最後の研究会にお邪魔してしまいました。(この機会を逃すと秋になってしまうので。)

<加藤先生・学生のみなさんには、急な訪問にも笑顔で迎えて頂き、感謝です。>

加藤文俊先生の研究会は、SFCのドコモハウスというメインのキャンパスエリア(入って右側)ではなく、左側の林の向こうにありました。
丸2年ほどSFCに足を運びましたが、このエリアは素晴らしい! 近代建築のメインエリアとは真逆で、人とか温かさを感じる建物でした。

さて、春学期(自分の時代は、前期といっていたような記憶があるのですが)の最後というだけではなく、9月卒業という4年生が多数いるとのことで、どんなファイナルプレゼンになるのかと、興味津々で見せてもらいました。

(加藤文俊研では、プレゼンを20秒x20スライドというルールで行っているということで、社会人でも見習ってみては?と思うようなタイムマネジメントがなされています。)

以下、6人の4年生によるプレゼンのタイトルですが、

  • ゲリラメディア
  • まちでのはなし
  • ジブン(ジ)テン
  • まちのマーチ
  • アイディア・ノート
  • cinemat~

おもしろい。フィールドワークも重ねており、リアルな匂いがしました。
(あえて、ここでは、個別のプレゼンについてのコメントは差し控えさせて頂きますが、非常に良かったです。)

4年生のプレゼンの後、加藤文俊先生もルールにしがたい20秒x20スライドの総括プレゼンをされましたが、良い話が、ギュッと凝縮するプレゼンで(Sexyの定義とか)、その中でも

「愛」「勇気」「なんとかなる」 という3つのキーワード、大事だなぁと思いました。

講義の最後に、学生さんのリクエストにより、「ダメだし」的なコメントを欲しいというリクエストがあり、加藤先生が、約20名の全員、一人一人に、愛のあるコメントをされてました。

その中で、本ログのタイトルとさせて頂いた「自分の限界を決めない」という指導がありました。(本当に、素晴らしいと思います。)

私自身も、自戒も込めて、「自分が自分の壁を作る、その壁を超えるのは自分」と言ってきましたが、なんか、似てるなぁと。(勝手に共感が、相手への気持を高めるということで、大事にしているわけですが&ちょっと安心感。)

「自分の限界を決めない」ということと相関しているか、していないか、曖昧で自信もありませんが、

  • 様子をいつまでみているの?
  • べきことをやろう!
  • やり切ろう!

というテーマを加藤文俊研の学生さんに贈りたいと思います。

そして最後に、

5年目と6年目の間の5.5年目で卒業していく4年生の為に、 『卒業制作展F5.5』  というタイトルで、2009年7月24日(金)~7月26日(日)の12:00~18:00に展示が行われます。

F55

6人のプレゼンタイトルに興味をもたれた方、F5.5サイト(←このサイト、カッコイイと思います。)を見て興味を持って頂いたかたは、是非とも足を運んで、リアルな匂いを感じていただければと思います。
(もちろん、私も、足を運ぶ予定です。)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する