オルタナティブ・ブログ > 開米のリアリスト思考室 >

「誰かが教えてくれることを信じるのではなく、自分で考えて行動する」ためには、矛盾だらけの「現実」をありのままに把握することから始めるリアリスト思考が欠かせません。「考える・書く力」の研修を手がける開米瑞浩が、現実の社会問題を相手にリアリスト思考を実践してゆくブログです。

特定秘密保護法案の成立を歓迎します。

»

6日夜、特定秘密保護法案が「反対」の怒号の中で参議院を通過し、成立しました。

この種の法律は、安全保障に責任を持つ人々の間ではもう半世紀にもわたって必要とされ、成立が待たれてきたものでした。
100点満点の法案であるという気はありませんが、問題があるにしてもそれはこれから直していけば良いのであって、「ない」よりははるかにましです。

というわけで私は特定秘密保護法案の成立を歓迎します。

参考までに、現在、特定秘密保護法案に対して熱烈反対している人々が、3年前の尖閣諸島での中国漁船による海上保安庁巡視船への体当たりビデオの流出事件の時になんと言っていたかを振り返ってみましょう。

【超性能ブーメラン】『特定秘密保護法案』に反対している議員の方々、実は『尖閣衝突ビデオ流出事件』の時は保護法案推進派でしたw : はちま起稿
http://blog.esuteru.com/archives/7438624.html

まあ・・・・つくづく、ご都合主義もいいところですね。

昨日まで「特定秘密保護法案ハンターイ!!」と盛んに大声を上げていた人々も、だいたいが、数日のうちにあっという間に関心をなくすでしょう。そのほとんどは、「今、文句が言える」「目の前の案件」にしか興味をもたない人々ですから。

そうして「反対、反対、反対」だけで政治的プロレスを演出してきた、55年体制以来の野党の長い歴史がまた1ページ増えただけのこと。

ただし、この法案は後世においては、単なる政治的プロレスではなく、日本における「第二次大戦後の安全保障体制」の終わりを告げるエポックメイキングなものと評価されることになるでしょう。

エポックメイキングといっても、この一本だけがその象徴というわけではなく、2001年以後10数年にわたっての長い動きの中の一つです。そしてその一連の動きの原動力は国際的なパワー・バランスの変化であって、国内事情によるものではありません。

だから要するにどういうことかというと、今後も日本が国際的な安全保障体制への関与を強める動きは続く、ということです。

途中、政権交代にともなう揺り戻しのような小刻みなブレはあるにしても、大きなトレンドとしてはその流れは変わりません。

なんにせよ、日本にとっては難しい時代に入ったということであり、そろそろ安全保障についても大人の議論ができるようにならなければいけないということです。

Comment(5)

コメント

鴉鳥

この構図としては反原発問題と全く同じなんですよね、これ。

必要が有るから出されたものに対し、一点の妥協の余地も無く反対・廃案にしろと叫ぶ。出された背景を全く考慮せずに。
であれば、「こっちとしては修正案が有れば考慮するけど、それも無くて反対だけならとっとと通しちまおう。相手が妥協するつもりが無いのに時間掛ければ、時間だけじゃなく経費も無駄になる」と考えるのはごく自然な事です。
良く聞く(主にマスコミの使う)「議論が尽くされていない」と言うのは、往々にして「自分(達)の主張と異なった結論が出ている」と言う事とイコールです。そしてその「自分(達)の主張」が絶対反対・絶対廃案なら、そこに妥協の余地は全く無く、議論を行う意味も無いわけで、とっとと多数決を取るのが一番と言う事にもなってしまいます。

総論では賛成するが部分部分では未だ修正・調整が必要で、決をとるのは時期尚早だと考える人にとっては、兎に角絶対反対を叫ぶ人は迷惑極まりない事だったでしょう。しかも声だけは大きいから、それが反対派全てだと思われてしまうと言う、「無能な味方は有能な敵よりも遙かに恐ろしい」と言うやつです。

ちなみに私としては、まだ詰めた方が良い部分(秘匿期間とかチェック機構とかね)は有るにしても、先ずは成立した事を評価しています。

開米瑞浩

その通り、同じ構図ですね。人もほぼかぶってますしね。

ardbeg32

これまで私が散々ネット上でこの手の方々と議論してきて見えてきたのが、
この手の方(議員さん)のフシギ論法は、「自分の論点こそが重要視されるべきであり、相手の論点は考慮に値しない」というところなんですよね。
で、論理的に此方の論点の社会的必要性を納得してもらおうと説明すると、
「では自分の論点を語ってはいけないのか!言論自由の侵害だ!」
と、なんでそうなるねん的なフシギ論法をさらに展開してきます。
どうやら自説を開陳することそのものに価値があり、事の是非を検討することや、全体最適化的な社会の仕組みの調整にはあまり興味が無いようなんですよね。
端的な例で言うと、葬儀場の建設は反対だが自分の身内の葬儀には利便性を求めるといった、全く相反する主張が、本人の中では何も矛盾していないというフシギ状況。そりゃあ家の隣に建設されるのはちょっとアレだから山奥に建設されても仕方ないよね、とならないフシギ。

本来、社会としてはそのあたりのすり合わせを行うのが各種国会委員会であるべきなのに、(維新はまだともかくとして)あの野党の体たらくは死んでも治らないんでしょうねぇ。

私的に本法案は、賛成反対の前に、「そもそも国防などいらないんだ」という人達との主張のすり合わせが必要なんじゃないの、と思います。
まあ、全世界を見渡して、国防を放棄している国がどれだけあって、それは何故かを見れば自明な気はしますけどね。

開米瑞浩

「国防を放棄している」というか、「軍隊を廃止した国」の例として、ドヤ顔でコスタリカを挙げてくる人々もいますなー。
そういう人を、「議論」で納得させるのは労多くして実り少ないので私は諦めてます。普通の常識ある市民に話が通じれば十分。

PAPA

民主党政権の時マスゴミは「決められない政治」と言って批判していたのに、決めようとすると「強行採決」などとのたまう。
野党は議論を尽くしても賛成するわけがないし、逆に彼らが賛成出来るように修正すれば意味のない法案になってしまう事は、考えてみればすぐ分かります。
これ以上は時間と経費の無駄以外にないでしょうね。
「会議は踊る、されど進まず」という格言もありますし。
何でも反対・絶対反対こそ、民主主義を貶める物だと思います。

チェック機関にしても彼らが言う「第三者」とは、機密に該当しないという判断をするであろう反法律派の人間(なぜか人権派と呼ばれる別名思考停止者)であり、適正な判断をする人物は含まれないのでしょうね。

朝日放送や毎日放送(大阪なので)の街頭インタビューでは反対意見を言う人しか放送されてませんけど、本当は編集という名の情報操作で賛成意見は放送されない事になっているのかもしれません。
アナウンサーは二言目には「怖いですね」と言って視聴者に刷り込みを使用とする。
私から見るとこちらの方が「怖いですね」。

コメントを投稿する