オルタナティブ・ブログ > 岩本幸男の「クラウドのあちら側に光を見たい」 >

クラウド、SaaSを中心に庶民からの思いを無責任につぶやく

「当社のサービスはECOなプラットフォームで動いていますw」って言いたい!

»

経済産業省が中心となって進めている事業の一つに

    「アジア域内の知識経済化のためのIT活用等支援事業(グリーンITの推進)」

というプロジェクトがあります。
特にデータセンターの効率的運用は、CO2削減をはじめIT/ICT活用によるクラウド・SaaSの利用拡大にも繋がるものです。オンプレミス型からクラウド・SaaSへの流れが、CO2を削減し、グリーンITの推進に寄与するという良い流れです。

ただし、この手の話は、総論はOK、でも、実際に効果が目に見えないと促進されません。効果を見るためには、測ることが必要です。そのなかでも一番大切な事は、

    「何を測るか」  です。

注目を集めているのは、DPPE:Datacenter Performance per Energy です。

DPPE =(ITEU×ITEE×1/PUE×1/(1-GEC))で計算されますが、それぞれ、

    ITEU = データセンタのIT 機器利用率
    ITEE = IT 機器の総定格能力/IT 機器の総定格消費電力
    PUE = データセンタの総消費電力/IT 機器の消費電力
    GEC = グリーン(自然エネルギー)電力/データセンタの総消費電力

    詳しくはこちら -> http://www.greenit-pc.jp/topics/release/100316_j.html

だそうで、「へぇ~...」 としか言いようが有りませんが、我々のようなアプリケーションベンダーがデータセンターを選択する場合の、参考にすべき数値になると思います。

    「当社のサービスはECOなプラットフォームで動いています」w 

って言いたいのです。

Comment(2)

コメント

Daisuke Uki

指標については本当に「へぇ~」としか言いようがないですねw

とはいえ、こうした数値化された情報(可能な限り分かりやすいもの)がないと、どれだけECOで環境に貢献できているのかがわかりませんから、早く「定着」していくことを願います。
あ、定着していくのも我々のようなベンダーの使命かもしれませんね。

それ以外でもクラウド・SaaSというモデルの配下ではいろいろな副産効果はあるのだと思います。
突き詰めて定義するのが良いかどうかは分かりませんが、サーバの減少による省スペース・省電力化なども何とか”見える化”して、「当社のサービスはECOなプラットフォームで動いている、環境に優しいサービスです!」って言いたいですね。

Ukiさん
コメントありがとうございます。

普及の鍵は、可視化とインセンティブだと思います。ECO意識の強い方々は、率先して取り組まれると思いますが、まだまだです。

ECOなプラットフォームの価値が理解されるような活動をしていきましょう。もちろん、それを決めるのは、行政ではなく、利用者である我々アプリケーションベンダーやユーザ企業です。

データセンターにもECOポイントがあれば良いのに....

ただし、「大型資本の大規模データセンター = ECO」となりがちなので、工夫が要るかも。中小のデータセンターを特別扱いするわけでは有りませんが、小さいなりの長所がありますので、様々な角度でデータセンターが選べるようになると良いですね。
-
岩本

コメントを投稿する