オルタナティブ・ブログ > ITソリューション塾 >

最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

OJTという「ほったらかし」、実践体験という「雑用」

»

新入社員研修はそれなりにお金をかけてしっかりやるが、OJTはほったらかしの現場任せ。OJTの達成目標や内容は曖昧なままに、OJTを任される社員には、「OJTリーダーの心得」的な研修のみ。OJTのプロセスや実践スキルを教えることもない。「君たちも新人の経験があるんだから、わかるだろ・・・」と暗黙の了解を前提としてOJTが走り出してしまう。

しかし、引き受ける現場としては、日常の仕事に追われている。結局、何の思慮もなく若手にOJTのリーダーを任せ、「将来マネージャーになるための良い勉強だから頑張ってやってくれ」と励ましの言葉だけ。任された方は、その方法もわからず、困惑してしまう。

Mp900422184

任された方も意欲がないわけではない。なんとか役割を果たしたいと思う。しかし、要領を心得ていない若手にとっては、毎日が戦いだ。自分だけで精一杯。「他人を育てる」という余裕はない。営業であれば、ノルマもある。自分のノルマに加え新人のノルマも自分で抱えなければいけない。面倒だと思う人もいるだろう。分かってはいるけど、仕事が忙しいからと、結局はほったらかし。仕事が優先だから、それも仕方がない。

結局は、方法も分からず、スキルも曖昧なままにOJTというほったらかしがさらに進行する。結局は、新人たちが育つも育たないも、OJTリーダーや新入社員本人次第、自助努力に任されてしまう。ダメなら本人に適正がなかったと言訳すればいい。それしか、応えようがない。

OJTとは名ばかりに、先輩の雑用を任されるだけの場合もある。それも勉強のうちではあるが、「即戦力」とはほど遠い。それだけのOJTではOJTの意味がない。

現場のたたき上げをよしとする文化が未だ根強いことが背景にあるのかもしれない。仕事は、実務実践を通して学ぶものだという精神論だ。そのことを否定するつもりはない。しかし、時代とともに価値観やビジネス環境も変遷している。かつての成功体験は単なる過去の栄光であり、その方法論がそのまま通用するという保証はない。これを塩漬けにしたままに、現場に任せてしまっていいのだろうか。先輩の背中を見て育ってきた人たちが、同じことを彼らに求めても、新人達に見るべき背中がなければ、このやり方は通用しない。

ここ数年、新入社員研修に係わりながら、彼等の価値観が、大きく変わってきていることを実感している。その特徴は、次のようなものだ。

  • 強い仲間意識や同期意識
  • 自分の発言がどう見られるかを意識し自分の考えや意志をはっきりと主張せず言葉尻を曖昧にしてしまう
  • 周りとの関係にとても気を遣う

たとえば、新入社員研修で、彼らの活動目標を聞いてみると「先輩たちととうまくやるために積極的に飲みに行く」と応える新人が少なくない。このような目標に掲げるというのは、意識して努力しなければできないことだからだろう。

まわりからよく評価されたいという意識の強さ、素直さを通り越した静かさ、競争心の低下、いや競争をよくないと考える意識と言うべきかもしれない。誰もがそうだと言うつもりはないが、総じてそんな傾向を感じる。

これを「自己肯定感の低下」とみる専門家もいるようだが、なるほどと思わずにはいられない。

自己肯定感:自分は大切な存在だ、自分には可能性がある、やればできる、やるしかないというように自分を肯定的に捉え、自発的な意欲を持ち、他人と自分との違いを意識し意欲的に人間関係を築こうとする心の有り様

また、ITビジネスに関して言えば、プロダクトだけで差別化が難しくなった現在、お客様の課題やニーズを起点として最適な組み合わせを創りあげ提供するソリューションへと軸足が遷りつつある。

自分が成功した時代とは競争力の源泉が大きく変わってしまった。ビジネスの本質が大きく変わってしまったのだ。その変化について行けず、いやその変化を受け入れられず、いまだ過去の成功体験と方法論が通用すると思い込んでしまっているベテランやマネージメントの存在は現場任せのOJTをますます難しいものにしている。

現場でたたき上げるにしても、その前提が変わっている。ならば、過去の価値観や方法論が、今に通用する能力を育てることができないという現実を直視すべきだ。そのことを受け入れなければ、せっかくの優秀な人材もなかなか戦力にならない。いや、できる人材は、そのことに気付き早々と自分が活かせる職場に転職してしまうだろう。

OJTという「ほったらかし」、実践体験という「雑用」になっていないだろうか。今年の新入社員達が、そろそろ現場に配属されはじめているだろう。改めて、考えてみてもいいかもしれない。


system_cover

「システムインテグレーション崩壊」

〜これからSIerはどう生き残ればいいか?

  • 国内の需要は先行き不透明。
  • 案件の規模は縮小の一途。
  • 単価が下落するばかり。
  • クラウドの登場で迫られるビジネスモデルの変革。

*更新しました* 今週のブログ 

「営業」を武器とするか、オーバーヘッドとするか

ITビジネスでの競争優位は、お客様のニーズの変化に即応できることです。「営業」は、そのための武器になります。

「営業はオーバーヘッド」という意識から脱しきれない企業もあるようですが、そのままにしておけば、将来に大きな禍根を残すことになるでしょう。

今週のブログでは、こんなテーマで考えてみました。

Libra_logo300x53

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー/ LiBRA

Follow Us on Facebook Facebookページを開設しています。「いいね!」やご意見など頂ければ幸いです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する