オルタナティブ・ブログ > アー・ユー・エクスペリエンスト? >

人生と仕事に必要な様々なことについて考えるブログ

ソーシャルコマースの新トレンド、F-コマースの最新事例。トリンプのフェイスブックショップページは必見!

»

フェイスブック内にフェイスブックショップを開設し、イーコマースサイトを展開することが可能なF-コマースだが、ここに来てかなり本格的なフェイスブックショップが2つ登場してきたので紹介したい。米国のカジュアルブランド「エアロポステル」と、スイスの女性下着ブランド「トリンプ・インターナショナル」だ。

フェイスブックのアカウントをお持ちの読者は、是非フェイスブックショップにアクセスしてみてほしい。また、アカウントを持っていない読者にも概要がわかるよう、キャプチャーもできるだけたくさん用意している。是非この機会に、F-コマースを体験してみてほしい。

【1】 米国のカジュアルブランド、エアロポステル(Aeropostale)

エアロポステルは、14~18才位までの若者をターゲットとした米国のカジュアルブランドだ。商品の品質が良いことで知られており、店舗数も全米に約1,000店舗展開している。米国にあるほとんどのショッピングモールに出店していることから、米国のユニクロといったところだろうか(年齢層はユニクロの方が幅広いが)。

エアロポステルのフェイスブックショップのURLは以下の通り。

※ エアロポステルのフェイスブックショップURL ⇒ http://www.facebook.com/aeropostale

商品カタログページには以下の手順で辿り着くことができる。

「GUYS」⇒「FEATURED SHOPS」⇒「NEW ARRIVALS」

新着商品のカタログページが表示されたら、商品の写真をクリックしてみてほしい。すぐに商品説明ページに切り替わる。商品説明ページが表示されたら、サイズを選んでから「ADD TO BAG」をクリックすると商品購入ページに切り替わり、そのまま商品を購入することが可能だ。

実際に使ってみたところ、使用感も通常のイーコマースサイトとまったく変わらない。これがイーコマースサイトに続く2号店だとすれば、かなり大きなインパクトを持つことは間違いない。米国のフェイスブックのユーザ数を考えれば、十分ビジネスになるのではないだろうか。

101

102


【2】 スイスの女性下着ブランド、トリンプインターナショナル(Triumph International)

トリンプインターナショナルは、日本でも「トリンプ」としてブランド展開しているので説明の必要がないだろう。

トリンプインターナショナルショップは、Triumph Lingerie Online(トリンプ・ランジェリー・オンライン)としてフェイスブック上に登録されている。

※ トリンプインターナショナルのフェイスブックショップURL ⇒ http://www.facebook.com/pages/Triumph-Lingerie-Online/170545306294875?sk

トリンプインターナショナルのフェイスブックショップは、エアロポステルよりもページ構成がシンプルだ。トリンプ・ランジェリー・オンラインが表示されたら、左ガイドの「Shop Now」ボタンをクリックするだけで、カタログページに切り替わる。あとの操作は先に紹介したエアロポステルと一緒だ。順番に進んで行けば簡単に商品が購入ができる。ユーザーインターフェースはエアロポステルよりもわかりやすい。

201

202

203

【3】 F-コマースを成功させるための7つのチップス

このF-コマース、事例がまだ少ないだけに、運用面を気にされる企業が多いのではないだろうか。実は、エアロポステルとトリンプがフェイスブックショップページを開設したのとほぼ同じタイミングで、ニューヨークタイムズに「F-コマースを成功させるための7つのチップス」というタイトルの、非常に興味深い記事が掲載されたので紹介したい。いずれも含蓄に富んでいるチップスばかりだ。

●Tips 1

フェイスブックショップページを支えて行くためには、好感がもたれる投稿をウォール投げかけ、創造性と一貫性をもってユーザと接触しなさい。

●Tips 2

フェイスブックショップのファンのために、ファン専用の販促商品、ディスカウント商品、セール商品を提供しなさい。

●Tips 3

フェイスブックショップに「いいね!」と言ってくれたユーザに、1回だけ利用可能な販促用チケット、クーポン、割引チケットを追加のインセンティブとして与え、新しいファンに引き寄せなさい。

●Tips 4

F-コマースの体験をどうやったら改善できるか、ファンに直接尋ねることによって他の
ユーザを誘いなさい。

●Tips 5

チャリティや社会奉仕活動のような、販売以外の新しいニュースを提供することをウォールに投稿し、フェイスブックショップのPRツールを作成しなさい。

●Tips 6

顧客の製品レビューを許可したり、ショッピング体験を共有するためのオフ会を開催したり、積極的かつ透明性を持って顧客の心配事に対応することをフェイスブックショップに取り込みなさい。

●Tips 7

フラッシュマーケティング、共同購入、オークションのようなF-コマースに関連した新しい機能やツールに目を光らせなさい。もっと多くの楽しみや懇親会をF-コマースの体験として計画できるかもしれない。

これら7つのチップスをまとめると、ファン(顧客)とユーザ(見込み客)といかに積極的に接触・交流するかということが、成功のための重要なポイントになるということだろう。このF-コマースだが、ショップを開設するブランドが今後どのくらい現れてくるのか非常に楽しみな分野である。おそらく、近いうちにプロダクトビデオを配備したF-コマースビデオも登場してくるはずだ。ここしばらく、ソーシャルコマースとF-コマースの動向から目が離せそうもない。

※ ご質問・ご相談があればお気軽にどうぞ。
※ 情報をシェアしたり、交流することが大好きです。

  ● フェイスブックファンページ ⇒ http://www.facebook.com/bemoove
  ● フェイスブック個人アカウント ⇒ http://www.facebook.com/yasushi.ito1
  ● ツイッターアカウント ⇒ https://twitter.com/#!/bemoove_ito
  ● グーグル+アカウント ⇒ itouyss@gmail.com 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する