オルタナティブ・ブログ > アー・ユー・エクスペリエンスト? >

人生と仕事に必要な様々なことについて考えるブログ

ダートデビル社のエクソシストをパロディにしてしまったバイラル動画広告が再び1位に<バイラル動画広告週間ランキング(2011/6/20-26)>

»

Visible Measuresから、2011年6月20日~26日までのバイラル動画広告週間ランキングが発表されたので紹介したい。TOP20のランキングリストは一番下に用意してあるので、是非参照してみてほしい。今回から前週のランキングも加えているので、変化を読み取ることができると思う。また、初登場でランキング入りしたタイトルは、前週の項目を”New”と表示している。

【1】 1位はダートデビル社のパロディ動画広告「ザ・エクソシスト」

前週3位だったダートデビル社のパロディ動画広告「ザ・エクソシスト」が1位に返り咲いた。6月は、これで第2週に続いて2回目の1位となり、6月の月間ランキング1位の大本命に躍り出たと言っていいだろう。「ザ・エクソシスト」ファンとしては、6月の最終週に大きくランキングを落とさないことを祈るだけだ。

■ 第1位:ダートデビル「ザ・エクソシスト」
          ※1週間の視聴回数:1,594,589

下の表とグラフを参照してみてほしい。このエクソシストのパロディ動画広告だが、4月29日に公開されたものの、当初はあまり視聴回数を伸ばせずにいた。公開からすぐの1週目は、視聴回数102,700ビューでランキングにいたっては46位に過ぎなかった。それから少しづつ視聴回数を増やし、公開から4週目に当たる5月第4週に、いきなり視聴回数2,083,215ビューを記録し2位に躍り出ることになる。

そこから快進撃が始まる。6月は、冒頭でも触れたように、ここまで全ての週で150万ビュー以上を記録しており、圧倒的な強さを見せている。まだ1週残した時点で、すでに視聴回数が770万ビューを記録しており、5月の月間ランキング1位の視聴回数520万ビューを軽々とと超えてしまっている。また、視聴回数の累計でも1,000万ビューを達成しており、6月に入ってからの勢いは、本当に目を見張るばかりである。

Photo

今回の「ザ・エクソシスト」のような、公開当初は視聴回数が伸びず、徐々に増えて行くという変化のし方は、一般的なバイラル動画広告にはあまり見ることができない動き方だ。一般的には、公開当初が視聴回数のピークで、時間の経過とともに視聴回数は確実に減少して行く。あの、エビアンの「ローラーベイビーズ」でさえそうなのだから。

下のグラフは、2011年5月度の月間ランキング1位に輝いたT-モバイルの「ロイヤル・ウェディング」と、ダートデビルの「ザ・エクソシスト」の公開から8週間の視聴回数の推移をグラフにしたものである。

T-モバイルの「ロイヤル・ウェディング」は、4月15日に公開されるやいなや、2週連続で800万ビューを記録するという、ロケットスタートに成功した2011年第2四半期を代表するバイラル動画広告の一つである。しかし、見ての通りその後は徐々に視聴回数が減少し、4週目以降からは、100万ビューに戻すことができない状態が続いている。程度の差はあれ、「ロイヤル・ウェディング」のような減少の放物線が一般的であって、「ザ・エクソシスト」ような上昇の放物線がまれだと考えるべきである。

T_vs

ダートデビルの「ザ・エクソシスト」だが、どこまでこの勢いを持続できるかが楽しである。出来ることならば、しばらくの間は最低でも100万ビューはキープし続けてほしい。というのも、ここ最近公開されたバイラル動画広告で、5週連続100万ビュー以上を記録しているタイトルが他に見当たらないからである。

下のグラフは、ダートデビルの「ザ・エクソシスト」とエビアンの「ローラーベイビーズ」の5月から現在までの視聴回数の推移を表したものである。驚くべきことに、6月に入ってからは、あの「ローラーベイビーズ」よりも常に上位にいる。現時点で、唯一「ローラーベイビーズ」を脅かすことができる存在だと言っていいだろう。それだけに、今後どれだけの期間100万ビューをキープできるか、注目の集まるところだ。

Vs

【2】 サムソン、マイクロソフト、ウィーティーと新作3タイトルがランキング入り

今週は、初登場の新作3タイトルがランキング入りしているので紹介したい。サムソン、マイクロソフト、ウィーティーと、いずれも面白いバイラル動画広告ばかりである。

■ 第3位:サムソン「Unleash Your Fingers」

サムソンが6月13日に公開したバイラル動画広告。同社のスーマーフォンGalaxy SII の宣伝用に制作されたもので、タイトルにある通り指で新しい技術を表現している。初登場で110万ビューという数字も大したもの。サムソンは、5月17日にも「4G "Spider」という話題になったバイラル動画広告を公開しているが、今回の「Unleash Your Fingers」の方がヒットしそうだ。

■ 第7位:マイクロソフト「All You Need for College」

マイクロソフトが5月23日に公開したバイラル動画広告。Windows 7 PCとfree Xbox 360の宣伝用に制作されたもので、尺も31秒という短い。典型的なバイラル動画広告と言っていいだろう。

■ 第9位:ウィーティー「Serious About Cereal」

ウィーティーという食品会社が、5月26日に公開したバイラル動画広告。同社のシリアルフードの宣伝用に制作されたもので、軽快なヒップホップに乗って展開される小気味良い作品に仕上がっている。フェイスブックにファンページも用意されているので、そちらも是非チェックしてもらいたい。

※ http://www.facebook.com/Wheaties

以上が、今回始めてTOP20にランキング入りしてきたバイラル動画広告である。次に、今回のランキングで目立った動きをいくつか紹介いたい。

まず、前週310万ビューを記録して第1位にランキングされたタイニープリントの「Make Their Day. For Free」が、今回はすでに4,542ビューしかなく、ランキングも230位まで落ちてしまった。また、前週2位だったT-モバイルの「Angry Birds」も、56万ビューでランキングは10位となっている。改めて、2週連続で上位にランキングされることの難しさを思い知らされた。

今回は、前週21~30位の間にランキングされていたバイラル動画広告の内、5タイトルがTOP20にランキング入りしている。先に紹介した初登場の3タイトルを加えると、今回は全部で8タイトルがTOP20で入れ替わったことになる。また、エビアン、ブレンドテック、ダウニー、グーグル、DCシューズなどの常連たちが、それぞれちゃんと定位置を確保している点についても触れておきたい。

【3】 次週以降ランキング入りしてきそうなバイラル動画広告は?

最後に、ここ最近公開されたばかりで、次週以降TOP20にランキング入りしてきそうなバイラル動画広告をいくつか紹介する。

■ グーグル:The Google+ project: A quick look

グーグルが6月26日に公開した、いま巷で話題になっているソーシャルサービスGoogle+の使い方を解説したバイラル動画広告。すでに140万ビューを記録しているので、次週のランキングTOP20では上位に入ってきそうだ。

■ グーグル:Google Chrome: Justin Bieber

こちらは、グーグルが6月28日に公開した、グーグル・クロームのバイラル動画広告。前作でレディ・ガガを起用した流れからだろうか、今回はジャスティン・ビーバーを起用して話題になっている。これもランキングTOP20には入ってきそうだ。

■ BMW:MPowered Performance Part 2

BMWが6月27日に公開したバイラル動画広告。前作の「MPowered Performance Part 1 」もランキングの上位に食い込んできただけに、今回のパート2も期待できそうだ。この「MPowered Performance」、このままシリーズ化されるのだろうか。今後の展開が楽しみである。

以上で、バイラル動画広告週間ランキングの報告を終わりにしたい。来週はいよいよ6月の最終週。上位にどんなタイトルが食い込んでくるか、ランキングの結果が楽しみだ。

Top20

※ 関連情報 

■ 調査に用いたVisible Measuresのウェブサイト ⇒ Visible Measures

※ お問い合わせ先

お気軽にお問合せ下さい。

■ twitter ⇒ https://twitter.com/#!/bemoove_ito

■ facebook ⇒ http://www.facebook.com/yasushi.ito1 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する