オルタナティブ・ブログ > アー・ユー・エクスペリエンスト? >

人生と仕事に必要な様々なことについて考えるブログ

SNSに立ち塞がる二つの壁。集客と収益モデル

»

実際にSNSを立ち上げてみると、利用規約を作成してちゃんと運営していれば、世間で言われているようなコミュニティやブログの炎上などはほとんど起こらないということがわかる。始める前からマイナス面ばかりを気にしていても、しかたがないということだ。

そんなことよりも、SNSにはもっと真剣になって対策を考えなければならない二つの大きな壁がある。それは、いかにしてユーザーを集めるかという集客と、いかにして儲けるかという収益モデルの二つだ。それを証明するかのように、最近寄せられる相談も、ほとんどがこの二つの問題に集中している。

集客の問題は、ユーザーを増やすことに頭を悩ませなくてもいい、社内SNS以外のすべてのSNSが直面することになる壁だ。最初は、周囲の人間の協力もあって早いペースで集まるユーザーも、数ヶ月もすれば目に見えてペース・ダウンしてくる。

ミクシィのように数百万人という規模のユーザー数は考えていなくても、どのSNSも目標としている数字を持っている。そして、その目標としている会員数に到達するために、毎日苦戦苦闘することになるわけである。

結局、広告やキャンペーンを使ってユーザーを集めることになるわけだが、集客のためにコストをかけられるサービスはまだ救いがある。だけど、広告予算の取れないサービスは悲惨だ。結局、打つ手がなくなり、最終的には閉鎖に追い込まれてしまうことになる。

なぜ集客が、SNSが成功するための重要な要因になっているのかといえば、今のところ広告以外にこれといった収益モデルが見当たらないからだ。そして、広告を掲載してもらうためには、最低でも十万人単位でのユーザー数が必要だ。

広告収入以外の収益モデルが存在しない以上、ユーザー数の獲得に躍起になる以外に方法がないというのが正直なところかもしれない。今のところ考えられる広告以外の収益モデルといえば、コマース、会員費の徴収、情報の売買などがあるが、どれもいま一つだ。結局広告に頼らざるおえないというのが現実である。

SNSを立ち上げた後、何ヶ月目からどれくらいの広告予算を使ってユーザーを獲得していくか。そして、何で収益をあげるかといった問題については、計画の段階で事前によく考えておく必要がある。これが明確になっていない状態で見切り発車しても、SNSは成功しない。

集客と収益モデルの二つの壁が、SNSの成功を難しいものにしている。

Comment(4)

コメント

そら

SNSではないのですが、広告・キャンペーンを一切行わず毎月平均1万人の新規会員獲得で現在63万人の課員を持っているe-typingという無料サービスがあります。CGMサイトの場合、参加者がおもしろくしてくれると考えることがそもそも甘いのかなと思います。魅力・価値が明確ではないことも集客がうまくいかない理由ではないでしょうか?

伊藤靖

そら様>
コメント及び情報有難うございます。確かに魅力と価値は重要な要素ですね。似たようなSNSが多過ぎることも、ユーザーに選んでもらうための障壁になっているのかもしれません。

お世話になります。

これは零細企業の大得意です。

従業員が数人しかいないのに、どの会社よりも強い販売力が存在します。

SEOです。
キーワード検索で、時間をかければ、検索上位表示になります。最初はほとんど反応しませんが、時間と共に上位表示されるため、非常に効果的です。

例えば、キーワード「second lie」で私のブログはGoogleで6位。Yhoo!検索で9位です。
※変動はもちろんします。

このため、second life snsなどありますが、いつまでも検索連動広告を出し続ける事しか「人集め」をするしかなく、広告代がかかります。

さらに言えば、世間から注目を集めれば集めるほど、広告代もさらにかかります。

これに比べSEOは、「無料の広告スペース」のため、いつまでも広告をし続けれますし、さらに、気ワードに最適化されているので、同じ嗜好性が高い人が見続ける事が可能なのです。

専用SNSを運営するなら、優秀なSEO会社と手を組むことが何よりも大切だと思います。

伊藤靖

角田様>
コメント有難うございます。ブログの記事も拝見しました。早速参考にして試してみたいと思っています。効果が実証できたら、ブログにまた書きますね。

コメントを投稿する