オルタナティブ・ブログ > アー・ユー・エクスペリエンスト? >

人生と仕事に必要な様々なことについて考えるブログ

5時起きのススメ!朝の2、3時間は昼間の5時間に匹敵する

»

先日、あるブロガーから、ブログを更新し続けるコツはなんですかと質問された。ズバリ、早起きだと答えた。補足すると、中途半端な時間ではむしろ逆効果であるため、ここは思い切って5時に起きることを薦める。5時に起きれば、昼間や夜にはなかなか取るのが難しいまとまった時間が確保できる。

朝の2、3時間は、誰にも邪魔されることなく集中できるため、実は昼間の5時間に匹敵するということに気がついているだろうか。これは、本当に誇張でもなんでもない。昼は、電話がかかってきたり、ちょっとした急な会議が入ったりで、なかなか集中して仕事をするのが難しい。

つまり、昼間の5時間というのは、結構虫食い状態になっているため、正味5時間もないというのが私の意見である。昼間の時間帯というのは、仕事した気になっているだけで、実は意外に成果が出ていないのである。それに比べれば、集中して仕事に取り掛かることができる、朝の2、3時間の方がはるかに価値があるというものだ。

この5時に起きて仕事をこなす術は、ブロガーに限らず、すべてのビジネスマンやエグゼクティブにもお薦めである。絶対に効果があるので、是非試してみてほしい。

もっとまとまった時間が欲しいという場合は、出勤時間を遅らすなどして、そのまま自宅で仕事をすることをお薦めする。そうすれば、連続で4、5時間は仕事に集中することができる。自宅で仕事をするというのも、実は非常に効果がある時間の使い方だ。

この早起きと自宅で仕事をするという仕事のしかたについては、実はドラッカーも著書「経営者の条件」の中で薦めているほど由緒あるもので、結構実践している人も多いのではないだろうか。

夜は、誘惑が多過ぎて、自分の意志だけではどうにもならないところがある。でも、朝であれば、自分が早起きさえすれば必ず時間は作れる。こんなに確実で効果的な方法は、他には絶対にない。

Comment(6)

コメント

お世話になります。

あと、これにひとつ加えるなら。
ズバリ。

責任担当者になる。
そうすれば、時間は己で作り、己で管理するしかない。上司に言われたから忙しいとか言えない。

朝5時に起きるのも、自己責任。

私は自宅から会社まで車で15分ため、その点を武器にしています。

早川

会社まで通勤3時間。
朝、6時に起きて、帰りが11時の私はどうしたらいいでしょうか?
通勤は中央線でパソコンなんてやる余裕はないんですよね。
2、3時間早く起きたら睡眠1時間ぐらいの生活になってしまいます(泣)

うらやましいの一言ですね。

伊藤靖

角田様>
コメント有難うございます。確かにそれは重要ですね。私はそこまで厳しく自分を律せるか自信はありませんが。

伊藤靖

早川様>
コメント有難うございます。そうですか。。。でも、5時に起きてそのまま自宅で作業にしてもらえばいのではないでしょうか。仕事の内容的にそれは難しいですか?私は、在宅勤務ってもの凄い能率が上がると思っています。自分で会社を設立したら、絶対に導入したいのですが。

早川

情報システムのサーバ管理の責任者なんですよ^^;
何もなくても現場に居なきゃならない職業なんですね。

在宅勤務も、securityに問題がなければいいんですが
どっかで完全なsecurityって出来ないもんですかね。
一応プライバシーマークとか取得している会社なんで
自宅での仕事は禁止なんですよね。
まったく仕事がしづらい世の中になりましたよね。

伊藤靖

早川様>
そうですか、失礼しました。。。自宅での仕事が厳禁なんですね。体を壊さないよう、働いてください。またのコメントをお待ちしています。

コメントを投稿する