オルタナティブ・ブログ > アー・ユー・エクスペリエンスト? >

人生と仕事に必要な様々なことについて考えるブログ

ペニーレーンでバーボンならぬライブを

»

吉田拓郎1974年の作品「今はまだ人生を語らず」は、個人的に忘れることができないアルバムだ。なぜなら、当時洋楽ばかり聴いていた田舎の中学生が、生まれて初めて買った日本人アーティストのレコードだから。

このアルバムは、表題曲「人生を語らず」のほかにも「シンシア」「僕の唄はサヨナラだけ」「襟裳岬」と名曲がぎっしりと詰まっていて、あの「元気です」と並ぶ名盤だと思っている。そんな名曲揃いのこのアルバムの中にあって、当時一番好きだったのが「ペニーレーンでバーボンを」という曲だった。

知っている方も多いかと思うが、曲のタイトルにもなっている「ペニーレーン」というのは、原宿キティランドの横道を入ったところにある実在するロックバーで、吉田拓郎本人も昔は頻繁に出入りしていたらしい。

その昔事情があって一度は閉店したものの、今はまた同じ場所で営業している。店内は狭くて、なんてことはない普通のロックバーなのだが、どこか懐かしさを感じさせてくれる不思議な魅力を持った店だ。

そのペニーレーン、ライブも時々演っているのは知っているだろうか。2階席にはちゃんとステージもあって、ライブができるようになっているのだ。

実は、faamでも3月から定期的にライブを開催することになっていて、その第1回目が3月17日(土曜日)にある。出演するアーティストは、ミスターfaamこと光永泰一朗と沖縄期待のシンガー・ソングライターウエサトモトシ。ウエサトモトシは、今回が東京初上陸。

これからメジャーを目指す、才能溢れる生きの良いアーティストの演奏を聴きながらバーボンなんていうのも、たまにはいいものだ。

Comment(4)

コメント

はじめまして。
オルタナブログで一緒させていただいています白石です。

『ペニーレーンでバーボンを』好きです。
世代的には拓郎さんを聞いていた世代では無いのですが、
たまたま聞いてはまってしまいました。
確か放送禁止になっているんですよね。

ペニーレインが今も営業していると走りませんでした。
今度のぞいてみたいと思います。

伊藤靖

しらいし様>
コメント有難うございます。そうです、『ペニーレーンでバーボンを』は、歌詞の一部に不適切な表現があるということで、現在放送禁止になっています。お店も是非覗いてみてください。ライブ来ませんか?

伊藤靖さま

はじめまして。
1961年2月生まれの井上と申します。
トラックバック貼らせて頂きました。
3月17日は所用でペニーレーンには行けませんが、定期的なライブなら遊び行ってみたいです♪
宜しくお願いいたします。

伊藤靖

井上様>
コメント有難うございます。おぅ、1年違いですね。TBも有難うございます。定期的に開催する予定ですので是非足をお運び下さい。もしよろしければfaamに登録してもらえませんでしょうか。いろんなアーティストのライブ情報がわかります。わたしはスマイルイトウで見つかります!

コメントを投稿する