オルタナティブ・ブログ > アー・ユー・エクスペリエンスト? >

人生と仕事に必要な様々なことについて考えるブログ

ザ・バンド『ラスト・ワルツ』の見どころ

»

昨日は21:30頃に仕事を終え、会社の若い連中と一緒に目黒川付近にあるお洒落な居酒屋に直行。焼酎を飲みながら、しじみ(貝のしじみです)をスープに使ったしじみ鍋なるものを食す。以前から食べてみたかったのだが、これがもう激ウマ。このしじみ鍋、肝臓にもいいらしく、ちょっと病みつきになりそう。

ところで、とうとう遭遇。何がって?お約束の芸能人。芸能人が良く来る店だっていうことは噂に聞いていたが、なんと同時に2人に遭遇。一人はタレントの土屋アンナさん。僕たちの隣のテーブルで、業界関係者と思われる人たちと楽しく歓談していた。

そして、その隣のテーブルには歌手の島谷ひとみさん。これも同じく、関係者と思われる人たちと歓談中。一度に二人の芸能人に遭遇することなんて始めてのことだったので、やっぱりお洒落なスポットは違うなって改めて思った。

結局、昨日は家に着いたのが深夜過ぎ。ところが、中途半端に飲んだせいかなかなか眠れない。そこで、何を思ったか寝酒のお供に『ラスト・ワルツ(特別編)』のDVDを引っ張り出して見ることに。これは、米国のロック・バンド、ザ・バンド解散コンサートの模様を収めたドキュメンタリー映画。監督はマーティン・スコセッシだ。

ザ・バンドは、米国のロック・バンドの中のお気に入りの順番で言えば、リトル・フィート、グレイトフル・デッド、オールマン・ブラザース・バンドの次くらい。たまに聴きたくなるバンドで、『ラスト・ワルツ』はなぜかいつもCDではなくDVDになってしまう。

改めて最後まで見終えた感想。やっぱり『ラスト・ワルツ』はいい。ロック映画としても十分楽しめるし、ドキュメンタリー映画としても一級品だと思う。

ところで、皆さんは『ラスト・ワルツ』の見どころってどこだと思います?ニール・ヤング、クラプトン、そして最後のボブ・ディランと、見どころの満載の映画なので悩むところだ。僕はヴァン・モリソン。あの堂々とした歌いっぷりと存在感。ちょっと他とはケタが違う。

寝不足ですが、居酒屋の事件といい、とても充実した一日だった。

Comment(2)

コメント

はじめまして。『ラスト・ワルツ』の話が出てきたので思わずコメントします。
私も、日比谷みゆき座でロードショーを観てから一貫して大好きです。
好きな曲はやはりたくさんありますが、月並みながら"I Shall Be Released" の大合唱が好きです。

伊藤靖

baldhatterさん、コメント有難うございます。"I Shall Be Released"、涙が出てくるほど感動的なシーンですよね。今日も帰ったら見ようかな。

コメントを投稿する