オルタナティブ・ブログ > アー・ユー・エクスペリエンスト? >

人生と仕事に必要な様々なことについて考えるブログ

転職:5年経験して身につくのがキャリア

»

最近の12年間で9社経験している人間が言うのもなんだが、2、3年で転職を繰り返すのはマイナスだと思う。なぜなら、2年やそこらで転職を繰り返していると、本当のキャリアが身につかないから。技術や営業でもそうだが、どこかの会社で5年くらい修行するつもりで働いた方が、本当のキャリアが身につく。

5年働いていると、たいていはその会社の良いところも悪いところも経験できる。その経験が絶対に後々活きてくる。もしも勤めている会社の経営が怪しくなったとしても、それを経験しておくことも悪くないということだ。それを社員全員で乗り越えることができて、その中の一人になれたなら、それはもの凄い貴重なキャリアになる。

景気の良さそうな業界や企業ばかりを探して2、3年で転職するというのは、ちょっとお薦めできない。いざという時に役に立つキャリアが身につかないからだ。いいことばかりだけを経験しても、それは本当の意味でのキャリアにはならない。

実は、同じ内容のことを拙著「エンジニア35歳からの転職」でも書いているのだが、最近になって読者の一人から、5年経験しないと本当のキャリアが身につかないという部分を読んで転職を思いとどまり、それが結果として正解だったというお礼のメールをもらったので思い出したというわけ。

大学を卒業して入った会社をすぐに辞めてしまっても全然問題ない。大事なのはその後だ。2社目でも3社目でも構わない。35歳までに、最低でも5年間我慢できる会社で働くことだ。どこかで本当のキャリアを身につけておくことが、その後の人生に必ず活きてくる。

ちなみに、最近の12年間で9社経験していることを言い訳するつもりは毛頭ないが、初めて転職したのは35歳の時。それまでの10年間は一つの会社で働いていた。最終的に起業したわけだが、最初の10年間で学んだことが現在のベースになっている。

35歳を過ぎてからどうして2、3年でキャリアを変えているのかというと、残りの人生が短いからです。

Comment(5)

コメント

御世話になります。

Googleは仕事の70%は与えられた仕事をして、後の30%は「可能性の仕事」を義務つけている。※比率については正確ではありません。

これはとても大切で、与えられた仕事しか出来ない人は評価されないという風潮を社内で創り出す事が必要。
普通は与えらた仕事をする「だけ」で評価されるが、それではネットビジネスでは不合格。
私がこのブログにコメントを書いているのは、半分は伊藤さんへ。半分は自分です。
仕事以外で仕事の勉強をどのようにするか!
ここが大きな分かれ目だと思います。
昔は本を読むとか、新聞を読むとか、色々ありましたが、今はネットではないでしょうか

おおた

残念ながら、会社の方が5年持ちこたえてくれませんでした(苦笑)。

伊藤靖

角田様>
コメント有難うございます。Googleじゃなくても、30%くらいを会社以外のことに時間を使うのって大切だと思います。よくそんな時間がないと言い訳をする人がいますけど、時間なんていくらでも作れます。インターネットはそういう意味では、勉強するのに時間と場所を選ばないので重要です。

伊藤靖

おおたさま>
コメント有難うございます。でもちゃんと最後まで見届けられたんですよね。それは凄い意味があったのではないでしょうか。

おじゃまします。
5年をメトリクスにする時代でもなくなってきた感もあるのですが、何より、その「○年後にどんなキャリアを歩んでいたいか、だからそれまでは1年毎にどんなキャリアであるべきか」のビジョンがはっきりしているのであれば、転職は非常に大きな転機でありすなわちチャンスですから、その人の直感を大事にすべきと思います。少し昔は確かに○=5でしたね。でも今は3という人も増えてきました。

コメントを投稿する