オルタナティブ・ブログ > アー・ユー・エクスペリエンスト? >

人生と仕事に必要な様々なことについて考えるブログ

インプレッションズを聴きながらソウルとR&Bの違いを考えてみた

»

今日、インプレッションズのABCパラマウント時代の紙ジャケCD5作品が届いた。全部持っていたのだが、ある事情があって7、8年前に全て手放してしまっていたアルバムばかりだ。その後もう一度買い直そうにも紙ジャケで再発されることがなく、今年になってやっと念願の紙ジャケCDが再発されたというわけ。

ABCパラマウント時代のアルバムは、どれもカーティス・メイフィールドが完全に主導権を握っていて、この後のソロ活動を予感させるような内容になっている。どのアルバムも名曲揃いで、カーティス・メイフィールドやソウル・ミュージックが好きな人なら絶対に気に入るはず。

それにしても、今日一日中仕事をしながらインプレッションズを聴いて思ったこと。彼らの音楽は、ソウル・ミュージックと呼べばいいのか、それともリズム&ブルースと呼べばいいのか。こんなどうでもいいことについて、あれこれ考えてしまった。そもそも、ソウル・ミュージックとリズム&ブルースの違いって何だろうって、昔から疑問に思っていたのだ。

僕はソウル・ミュージックという言いかたの方が好きなので、リズム&ブルースとは言わない。リズム&ブルースという言い方が、なんだか中途半端な感じがして好きじゃないからだ。ブルースというちゃんと確立されたジャンルがあるのに、リズムという言葉とセットで、またブルースという言葉が使われることに抵抗を覚えてしまう。

だから、レイ・チャールズもジェームス・ブラウンもインプレッションズも、僕にとっては全部ソウル・ミュージックになってしまう。もし、誰か明快にソウル・ミュージックとリズム&ブルースの違いがわかる方がいれば、是非教えて下さい。

ちなみに、iTunes Storeでは「R&B/ソウル」になっている。The Impressions名義のアルバムも意外なほど少ない。

Comment(2)

コメント

t0mori

歴史的事情だと思ってましたが。
Jazz, Blues→R&B→Soul→Funk→Black Contemporary
    ↓
   Rock'n Roll→Hip-Hop→R&B
みたいな。下のR&Bは似て非なるものって意味で、敢えて。個人的にはブラコンって言葉があまり好きではなく、R&Bが好きですね。アトランティックレコード系列が好きだったので。

伊藤靖

わかりやすい説明有難うございます。確かに時代的な背景は関係ありそうです。アトランティックは僕も大好きで、1500円で大量に再発されましたね。ディスクユニオンは5枚購入するとアトランティックTシャツがもらえるので、ついつい買ってしまいました。

コメントを投稿する