オルタナティブ・ブログ > アー・ユー・エクスペリエンスト? >

人生と仕事に必要な様々なことについて考えるブログ

2007年はブルースが来る!

»

2007年はブルースが来ると勝手に思い込んでいる。と言っても、ブルース・スプリングスティーンが来日するわけじゃないのであしからず。音楽のジャンルでいうところのブルース(Blues。ブルーズと発音する人もいるらしい。定かではないが。。。)が久しぶりに注目を集めそうだということ。もっとも、これにはかなり僕自身の個人的な期待も込められている。

2007年がブルースの年になりそうだという予感は、実は去年の年末にすべて起因している。まずは10月に発売されたジュニア・ウェルズの『Live At Theresa's 1975』。これは1975年にシカゴのクラブ「テレサズ」で録音されたライブ盤なのだが、このアルバムは去年発売されたブルースCDの中でも文句なしのベスト。こんなに凄いブルースのアルバムは本当に久方振りだった。円熟期にあった40歳のジュニア・ウェルズの演奏が思う存分楽しめる。

そしてもう一つは訃報。ロバート・ロックウッドが去年の11月21日に肺炎を患って亡くなった。享年91歳。ロバート・ロックウッドといえば、第1回ブルース・フェスティヴァルにも来日した、日本でも非常になじみの深いブルース・マンだ。1974年の11月のことだから、もう32年前の話になる。当時、僕は弘前の片田舎にまだ住んでいたので観に行けなかったけど、その後に発売されたブルース・フェスティヴァルでの演奏を録音したライブ盤は当時僕の宝物だった。

そしてきわめつけ。チェス創立60周年を記念して、紙ジャケCD全20タイトルがついに発売される。昔LPレコードで持っていたマディ・ウォーターズ、ハウリン・ウルフ、サニー・ボーイなどのアルバムがついに紙ジャケCDとして発売されるという快挙。もちろん発売が決まった日にすぐ20タイトルを予約し、最初の10タイトルがもうすぐ手元に届く。今からワクワクして仕事が手につかない。

以上、一連の流れから、2007年はブルースが来ると勝手に思い込んでいるわけだ。ついでにデルマークも紙ジャケで再発してくれないかなぁ。。

※ 参考までに

■ ジュニア・ウェルズ『Live At Theresa's 1975』
ジャケットもブルース臭くていい!

ロバート・ロックウッドのライブ盤は現在入手不可能のようです。残念。。。

Comment(8)

コメント

ブルース・リーでもないですよね?m(_ _)m

ブルースに反応してしまいました。嬉しいお話ですね。
80年代に、ナッシュビルから来た無名のバンドの通訳をやったことがあります。
彼らに「Do you know YU-KADAN?」と聞かれたのが衝撃的で、今でも覚えています。憂歌団ってすごいんですね。

itoman

ooki さん>
そうなんです。ブルース・リーでもないんです。憂歌団はやっぱりすごいですよね。日本で数少ない世界に通用するアーティストかもしれません。いま何やっているんでしょう?

itoman

情報有難うございます!今年は憂歌団完全復活してもらいたいものです。チェスの紙ジャケお薦めです。一緒にブルース聴きまくりましょう!

blues

本当にbluesが盛り上がるかは判らないがそうなれば嬉しい。
でも、音楽としてのbluesは再来してもbluesな生き方をするblues manは再来しないのだろうと思う。そりゃそうだろうね、、、

itoman

いや、本当に今年は本当に来る予感がしています。BBキングのケント時代の作品も紙ジャケ化されましたしね。

tono

チェス紙ジャケ。マディの1stだけ買って、
僕が持っていたCHD-9370と聞き比べてみました。
ひでえ音質。
20枚予約したんですか?御愁傷様。

伊藤靖

好きな音楽も買ったものに対する満足度も人それぞれなんでしょうね。今回の音質にも僕は満足しているし、音質だけでいったら僕の持っているアナログにかないません。保存用にもう20枚予約しようと思っています。大満足!

コメントを投稿する