オルタナティブ・ブログ > アー・ユー・エクスペリエンスト? >

人生と仕事に必要な様々なことについて考えるブログ

パーソナル・メディアが確立された2006年

»

2006年は皆さんにとってどんな年でしたか。おそらくこのブログを、帰省先や旅行先から読まれている方も多いことと思います。さて、今日は今年最後の書き込みということもあって、ありきたりですが2006年を振り返ってみたいと思います。

2006年はパーソナル・メディアが確立された年として、後年も語り継がれることになる重要な年だというのが私の考えです。Web 2.0なるキーワードが前半は業界を席捲し、ブログとSNSが多くのユーザーに指示された1年でした。そして、「参加するためのウェブ」という考え方が一般のネットユーザーにも浸透したことで、パーソナル・メディアが確立された1年でもありました。

ITやインターネットに関わっていない一般のユーザーが、自由に自分の考え方をブログやSNSを通して言える時代。それが2006年最大の成果だったのではないでしょうか。パーソナル・メディアが本当に個人のものになったのが、この2006年でした。

一方、私個人にとってもこの2006年はとても大きな実りのある1年でした。個人的には、9月にインジニアスという会社を設立し、12月に音楽ポータルSNS「faam(β版)」をリリースさせるなど、後半に入ってからは本当に緊張の連続でした。

また、今年ほど多くの人に会った年はありません。名刺の数を数えたわけではありませんが、会った人の数は今年が間違いなく一番だと思います。そのお会いした全ての人から刺激を受け、励ましていただいた1年でした。

最後に、今年お世話になった皆さんにこの場を借りて感謝の気持ちを伝えたいと思います。1年間、本当に有難うございました。そして、2007年も今年以上によろしくです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する