オルタナティブ・ブログ > 杉並区「入れ歯専門の歯医者さん」今日の出来事 >

「入れ歯専門の歯医者」が実際の症例と治療、治療に対する考え方を紹介する記事を中心に書いていきます。

歯が抜けた部分に増歯修理した症例

»

「いやあ、ついに歯が抜けました」
 一般的には一大事なのでしょうが70代男性のWさんの様子は清々しいものすら感じられました。
 
 数年前から前歯が揺れていて「もう抜かないとダメですかねえ」と相談を受けたので、日常生活に支障なければ先回りして抜く必要はないことをすでにお伝えしています。
 
仮に抜けても入れ歯があるので一日で簡単に歯並びを回復できることも説明しています。結局は揺れていたとはいえ何年も快適に食事も会話も普通にしていました。

 歯が抜けても一日で治るとわかっていれば安心だと思います。痛くて口を閉じられないとか食事できないとか症状があれば抜きますが、結論としては大して不自由な思いもしないうちに自然と抜けました。

 抜けた部分には、現状の入れ歯にプラスチック製の人工歯を継ぎ足す義歯増歯修理を行いました。歯一本分なら20分ほどでできます。

「おおっ、これなら家族の前でも恥ずかしくないですね」
 Wさんは鏡を見て清々しい笑顔で答えてくださいました。

今回行なったWさんの歯が抜けた部分に増歯修理する治療は保険適用で約2,500円でした(治療費は症状により個人差があります)。

いとう歯科医院ホームページhttps://www.ireba-ito.com

Comment(0)