オルタナティブ・ブログ > 杉並区「入れ歯専門の歯医者さん」今日の出来事 >

「入れ歯専門の歯医者」が実際の症例と治療、治療に対する考え方を紹介する記事を中心に書いていきます。

歯グキがブヨブヨの状況で、入れ歯にティッシュコンディショナーを貼って安定させた症例【西荻窪のいとう歯科医院】

»

「自分のアゴの状態では、カタッ! 入れ歯は作れないって、カタッ! 言われたんです、カタッ!」


話の途中でカタッと落下する上の総入れ歯を舌で直しながら苦悶の表情で訴えるGさんは50代男性の方です。
口の中を見ると上アゴの前歯部の歯グキがコンニャクのように柔らかくブヨブヨしていました。

これはフラビーガムといって、合わない入れ歯を入れていると増殖してくるものです。

フラビーガムの上に入れ歯を乗せるとブヨブヨと入れ歯が動いてしまったり歯グキが傷ついてしまったり、難しい場合があるので入れ歯は作れないと歯科医が言う気持ちも分かります。

しかし当院には強い味方がいます。

それがティッシュコンディショナー。

入れ歯安定剤のようなものを入れ歯に薄く貼って歯グキに合わせると入れ歯は吸い付くように適合するのです。
「これまで何軒も歯科医院を渡り歩いて何個も入れ歯を作ってきたけど、こんな落ちない入れ歯は初めてです!」 
Gさんは一気に笑顔になりました。

ティッシュコンディショナーは別名を粘膜調整材と言って粘膜のゆがみを改善しフラビーガムを治す作用があります。

限界はあるものの、ブヨブヨな歯グキが引き締まって安定したところで上アゴの型を採ると、よく合った入れ歯が作れます。

他院で作れないと言われた方も、あきらめずに相談していただければと思います。

今回行なったGさんの入れ歯に粘膜調整材を貼る治療は保険適用で約3,000円でした(治療費は症状により個人差があります)。

いとう歯科医院ホームページhttps://www.ireba-ito.com

Comment(0)