オルタナティブ・ブログ > 杉並区「入れ歯専門の歯医者さん」今日の出来事 >

「入れ歯専門の歯医者」が実際の症例と治療、治療に対する考え方を紹介する記事を中心に書いていきます。

今までの入れ歯よりもふた周り以上も小さい入れ歯を作ったら、話が出来るようになった症例

»

「上の入れ歯が大きすぎる、まともにしゃべれない」とおっしゃるDさんは60代女性の方です。見ると歯科技工所で作製された入れ歯は一般的で常識的な物でした。
 当院でも技工所に外注すれば同じような物ができます。上の入れ歯の違和感は、よくある症状です。多くの場合は入れ歯の外周を削って一回り小さくすれば解決します。しかしDさんの希望は新しく作りたいとのことでした。そこで今回は型を採って私が入れ歯を作製しました。技工所に任せるよりも小さく薄く作ることができます。

 1週間後に私が作った入れ歯と現在の入れ歯を比べると、ふた周り以上も小さくできていました。それでも大きく厚い部分をさらに削って合わせました。現在の入れ歯を少し削ったくらいではできない形になりました。

「これなら話ができます」Dさんは笑顔で帰られました。入れ歯を削るのと新しく作るのと、どちらがいいのか。この判断基準に科学的根拠はありません。患者さんの主観が大事です。
 
 この入れ歯はひとまわり削るくらいでは解決しそうもないと思えたら遠慮なく言ってください。当医院では患者さんの主観を尊重して治療方針を決めていきます。それが患者さんにとって最適な治療への近道です。

今回行なったDさんの入れ歯を新しく作る治療は保険適用で約5,000円でした(治療費は症状により個人差があります)。

いとう歯科医院ホームページhttp://www.ireba-ito.com

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する