オルタナティブ・ブログ > 「天下夢想onオルタナティブBLOG」 >

テクノロジーとライフスタイルの未来を夢想しよう

「このタイミングで韓国旅行に行こうとする妹を思い留まらせたい」

»

「このタイミングで韓国旅行に行こうとする妹を思い留まらせたいのだが、どうしたらいいものか?」

という相談を受けました。
このタイミングというのはもちろん、竹島をめぐる日韓の感情的な問題が発生している時にという意味です。
中国では暴力的なデモが多発したとか、日本人が殴られたというようなニュースが連日報じられていたこともあり、韓国でも身の危険があるのではないかという妹思いの兄からの電話。
韓国人の友人がいる(大半は日本在住ですけど)とか、わりと海外によく出かけている(イメージ)人間(僕)に「やめといたほうがいい」というアドバイスをもらって説得材料にしようと考えたようです。
とはいえ、僕自身が現時点の韓国国内での日本人に対する人々の反応については直接情報を持っているわけではないので、実際にはYESともNOとも言えないとしか答えられません。
実はこの妹さん、今度が初めての海外なのだそう。
相談者の兄自身もあまり海外に出かけたことはないとのことで、そういう面ではなにもない時でも心配なのに、この上、なにもこの時期に、ということで。
ただ、少なくとも問題が起こっているというような報道は見かけないので、撮り越し苦労なんじゃないだろうかという気がするのと、外務省の渡航情報でも中国については9月の半ばにアラートが出ているものの韓国にはありませんので、大丈夫なのではという感じもします。
ということで、みんなもっと海外に出かけなよ!派の僕としては、その優しい兄さんの思いとは裏腹に、「そもそもガイドつきのツアーだということだし、夜間出歩くとか、女性だけであまりむやみにうろうろするとか、そういう一般的にも避けるべきと言われる行動はしないように気をつけておけば、せっかくの未知の国に踏み出そうというきっかけをつぶすこともないんじゃない?」とか、「むしろこの時期だからこそ、行ってみてみんないい人たちだったよ!ということになれば両国の友好のためにもプラスじゃん。」とかいうご意見。w
(役立たずですね(^_^;) スイマセン)
もっとも、実際のところ、何も起こらないという保証はありません。
だから、なんとしても行くべきとは言えません。
ネットなどでよく情報を集めて、万一のときのことなども旅行会社にも確認した上で、判断するようにね、と話して電話を切りました。
実際のところはどうなんでしょう?
逆に、国境をめぐる対立はあるとしても、日本を訪れる中国や韓国の人に日本ではみんな親切にやさしくしてくれたよ、と言ってもらえるようであればと思います。
なお、その後の連絡によると、思い留まらせることに成功したそうです。
果たして、よかったのか、そうでもないのか。それはわかりません。
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する