オルタナティブ・ブログ > 「天下夢想onオルタナティブBLOG」 >

テクノロジーとライフスタイルの未来を夢想しよう

「何のために?」を付け加えるだけで、質問や依頼の効率がうんとよくなる

»

社内で部下や上司に対して、あるいはお客さんに取引先に、何かを依頼するとか質問するというのはビジネスの日常ですが、そのときに気をつけたいこと。

・なんでそれが知りたいのか?

・何をしているところで出た質問なのか?

・何に使うための資料集めを頼んでいるのか?

・その依頼や質問に答えることで何が実現されるのか?


そんな WHY? をちゃんと付け加えるだけで、


・回答の精度が上げられるでしょう

・情報の取捨選択の判断材料になるでしょう

・作業のモチベーションや効率も上げられるでしょう

・追加の意見やアドバイス、情報ももらえるでしょう


でしょ?


機械的に「問いだけを発する」、「作業指示だけ出す」のではなく、なぜそれが必要なのか、何につながるのか、をきちんと説明するように心がけたいものです。
忙しかったり、自分の方が立ち場的に強かったりすると、うっかりこのあたりをおろそかに、いーんだよ黙ってやれば!的になってしまうこともあるわけですが、気を配る大事なポイントだと思います。

また、可能な限り、その質問に答えることで答える側が、その作業を行うことで作業にあたる側が、何を得られるのか?、どんなメリットがあるのか?、そこまで提示できればもっといいはず。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する