オルタナティブ・ブログ > 「天下夢想onオルタナティブBLOG」 >

テクノロジーとライフスタイルの未来を夢想しよう

「自分のだから」ではなく、「自分のじゃないからこそ」

»

ある日、プリウスのタクシーに乗りました。

ハイブリッド車のプリウスは、普通に自家用車で使用している場合20km/l程度走れるそうです。
ところが、以前乗ったタクシーではインジケータに11km/lとずいぶん低い値が出ていてちょっと興味を持ったので、運転手さんに聞くと、待機時間も長いし、街中のストップアンドゴーばかりだし、エアコンも入れっぱなしなので仕方ないとのこと。(夏場でした)なるほど。

というわけで、今回も運転手さんに「このクルマは燃費どのくらいですか?」と尋ねてみました。

すると、なんともぶっきらぼうな感じで、「知りませんよ、どうせ会社のですからね、燃費が良かろうが悪かろうが関係ありません。私は気にせず飛ばします」

確かに、ブンブン威勢のいい走りでした。w


このほかにも世の中には、どうせレンタカーだから、代車だから、と乱雑に扱ったり汚しっぱなしで返すような人も少なくありません。

お店のトイレだから汚しても平気、会社の経費だからできるだけ使っちゃえ、どうせオレのじゃないし。。。


それって、なんかおかしくないですか?


自分のものなら、まあ少々乱暴に扱っても本人の問題です。

しかし、他の人が貸してくれたものは丁寧に扱わないと。

親しい友達の家のトイレを借りたらキレイに使うでしょう。クルマを借りたら掃除して返すでしょう。
仲間と一緒に立ち上げた会社の経費はしっかり節約しようとするでしょう。

誰か見知らぬ人のものだとしても同じように考えないと。
社会には親しい友達よりも見知らぬ人のほうがうんと多いのです。


自分のじゃないからどうでもいい、どうせ他人のなんだからせいぜい元をとらなきゃ、的なさもしい発想をできるだけ減らしていくことが一層求められていると思います。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する