オルタナティブ・ブログ > 「天下夢想onオルタナティブBLOG」 >

テクノロジーとライフスタイルの未来を夢想しよう

欲望という名の社会貢献

»

そう。

みんな、欲しいんです。

なにかが。

タイトルには、「欲望という名の社会貢献」という言い回しをしましたが、もちろん暴利をむさぼるという意味ではありません。

欲しい、したい、確かめたい、役に立ちたい、喜ばせたい、認められたい、助けたい、一緒に分かち合いたい、そんな欲求が人を人たらしめ、そして社会をかたちづくり、未来につながっているのだと思います。

マーケティング用語では、ニーズだのウォンツだのつべこべ言ったりしますけど、素直に、「欲しい」、という欲求が価値を交換することにつながるのではないでしょうか。

とてもわかりやすく、それを説明してくれているプレゼンテーションがありましたのでご紹介します。
ちょっとページ数が多いのでびっくりしますが、さくさく見られるのでぜひご一読を。
↓ ↓ ↓

クラウド・ファンディングの可能性を考える

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する