オルタナティブ・ブログ > 「天下夢想onオルタナティブBLOG」 >

テクノロジーとライフスタイルの未来を夢想しよう

靴下の穴

»

ふと気がつくと靴下に穴があいてました。そう、親指の先のところ。
ビジネスシューズは堅いので擦れて破れやすいですよね。
靴履いたままならまだいいですが、会食などでお座敷に上がったりするとかなり恥ずかしい、というかみっともないので、穴があいたら捨ててしまいます。

毎度、罪悪感を感じながら・・

そう、親指の先に穴がちょこっとあいてるだけなのですよ。
ほかのところはまだまだ大丈夫。

昔、靴下に穴があいたら電球にかぶせて立体にした状態で縫い合わせると上手に補修できるという技を教わりました。
何回かはやってみたかな。

でも最近はその程度の手間も惜しんで、新しいものにとりかえているのが実態。
消耗品だと考えれば安いものでも十分だったりするので、安易に新品にいってしまう。

いや、でもやっぱりもったいないなあ。

世の人々は靴下の寿命はどう考えてるんでしょうか?
実はみなさんちゃんと補修して使っているのかな?

モッタイナイとか、捨てない文化とか、リユース/リサイクルとか、それこそ消費文明の問題点とか、そういう社会的なテーマに考えをめぐらせるというのもあるかと思いますが、ここではひとまずやめておきます。

単に、なんかこれでいいのかなぁ?と、そう思っていることをちょっと書いてみました。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する