オルタナティブ・ブログ > 「天下夢想onオルタナティブBLOG」 >

テクノロジーとライフスタイルの未来を夢想しよう

今日の失敗:女性専用車両に乗ってしまいました( ̄□ ̄;)

»

またしても、やってしまいました。女性専用車両に乗車!
2駅ほどだったのですが、途中全然気がつきませんでした。
ただ、なぜか隣に乗り込んできた女性にずっと睨まれてて、なんでだろ?と不思議に思っておりました。

駅の階段の途中で電車がホームにいることに気がついて、軽く急いで乗り込んだのでそもそも何両目に乗ったのかも自覚してませんでした。けっこうすいてて(半分以上座席も空いてたのですよ)、ラッキー!ということで、ぜんぜん気づきませんでした。気がついたのは降りてから。

すいません。

痴漢の被害など女性の立場を考えると、特に混雑する時間帯に女性専用車両が設定されているのは理解できます。むしろ、通勤電車利用者の男女比からすると、もっと増やしてもいいのでは?という気もします。

しかし願わくば、僕みたいにぼーっと電車に乗り込んでる男子にも明示的に気がつきやすいようにできないですかね?

入り口にゲートがあるとか、係の人が立ってるとかすれば確実でしょうけど、ラッシュの時間帯には無理そう。

車内、座席も含めて車両全体をピンクとかわかりやすい色にするとか、ドアのところにパトライトが点灯してるとか?・・・いやあ、現実的でないですよね。

都内の電車の場合、女性専用車両は一番端の車両で設定されているようなので、端っこには乗らない習慣にするしかないかな。

あー、でも、2年ほど前にやっちゃった時は、大阪環状線の夕方のラッシュ時、そこでは4両目に設定されてました。このときはけっこう混んでたのに、それでもボンヤリ気づかず。

とにかくもうちょっと、周りに気をつけて歩けということでしょうかね。
ともかく、3度目はないようにしたいと思います。(^_^;)

Comment(9)

コメント

113

私は女性ですが
専用車両に乗ってくる男性がいたとしても
なんとも思いませんよ
そもそも女性専用車両というのは
「痴漢対策」なのでそれをしなければ
誰が乗ってもいいと思っているのです

睨んだ女性はこの車両の意義を
誤解しているような気がします

目が見えない男性がまちがって
乗り込んだときに
その車両にいた女性が
激しく彼を罵倒していたという話もありますし

いっそのこと名称をダイレクトに
したほうがいいと思うのですが・・・
語弊がありすぎて無理でしょうね

一番の痴漢対策は車両数を増やして
電車内の混雑解消を図ることだと思います

113さん、
コメントありがとうございます。
なるほどです。
通勤時の混雑緩和は、電鉄会社だけでなく、お役所や社会全体も含めてうまい仕組みづくりが求められるということでしょうか。
また、痴漢やその他の性犯罪をどうやって減らすか、無くしていくか、同じテーマですね。

chifurinn

もう一つの記事にも書かせていただきましたが、
とんだ災難でしたね。

女性専用車両といっても、たとえば人気のある
アイドルの何某翼クンとか小池なんとかクンみたい
な若いイケメン系のコが乗り込んできたらどうなんでしょう。
やはりその女性はキッと睨みつけるのでしょうか。
女性だってゲンキンなものではないかと見てるのですが、、

公共の場で常識的な行動を心がけていれば
そんな変な摩擦や余計な気遣いもしなくて済む
はずなのに、ですね。

chifurinnさん、
コメントありがとうございます。
まあ、113さんもおっしゃるように、女性でもいろいろな考えの方がいらっしゃるわけで、「女性」でひとくくりにしちゃいけないかもしれませんね。
逆に言うと、男性=痴漢(候補含む)になっちゃうかもしれませんからね。


なお、今朝も乗り慣れない路線を利用しましたが、用心しました。
(^_^.)

反男性差別

鉄道会社の殆どが「協力は任意」としており、別に乗っても恥ずかしくないですよ。
 というより、強制すれば憲法違反となり存在できなくなります。ただでさえ、違憲の可能性が指摘されているのにこれで強制したら憲法違反組織として下手したら倒産するかもしれません。現に「女性専用○○」と言う名のものを導入し不当に男性を排除した会社や店が潰れたという例もあります。
 私は協力しませんよ。こんな車両には。法にも道徳にも反した車両に協力してなにになるのやら。男性が苦しいだけです。
 因みにあれを導入してからも痴漢は減っていないようです。むしろ増えた鉄道路線もあるとか。

反男性差別さん、

コメントありがとうございます。
確かに、逆に男性専用車両があったりすると、差別的だ!っていう反応があったりするかもしれませんね。。
レディースランチとかホテルのレディースプランも、、、。
(^_^.)
もっとも、女性専用車両があってヨカッタと感じている方たちがいらっしゃるのも事実のようで、そういう意味では女性専用とか男性専用とか男女がどうこうというのではなく、心地用とか苦痛から開放されるとか、なんらか人が幸せになるためにできる努力はどんどんあったほうがいいと思います。
問題は、それを既得権として過剰に主張することかもしれませんね。
女性専用車両で安心して電車に乗りたいと思っている女性を傷つけず、また反面知らずに乗った男性が傷ついてしまわないで済むような社会や人の心の持ちようが実現できればいいなと思います。

ちょっと的確なコメントになっていないかもしれず恐縮です。。。

反男性差別

>もっとも、女性専用車両があってヨカッタと感じている方たちがいらっしゃるのも事実のようで、そういう意味では女性専用とか男性専用とか男女がどうこうというのではなく、心地用とか苦痛から開放されるとか、なんらか人が幸せになるためにできる努力はどんどんあったほうがいいと思います。

 あなたは本当にそれでよいのですか。
 近い未来に男性の権利が失われる危険性もあるのですよ。その証拠としてアフリカであったアパルトヘイトです。
 あなたがこれをどのように考えていらっしゃるかは存じませんが中学生の私としては大反対です。
 もちろん、この車両も例外ではありません。憲法上これを強制することがあればいかなる理由があろうともその政策や法律などは効力を持たないそうです。
 だとするなら男女共同参画関連の法律はかなりの確率で無効になります。
 なぜならあれを読むと女性の権利についてしか書かれておらず男性の権利を保障する法律とは考えられにくいからです。
 ということは、当然女性専用車両への男性の協力は「任意」でなければ存在できません。つまり、男性が男性と言うだけで乗れない車両は存在し得ないのです。
 だから私は協力しません。これからもそれを改める気はありません。
 私はただ男性差別と言う21世紀の汚点をなくす為に同志と共に戦うまでです。

コメントを投稿する