オルタナティブ・ブログ > 「天下夢想onオルタナティブBLOG」 >

テクノロジーとライフスタイルの未来を夢想しよう

ファイル・サーバーを丸ごと"ブログ"化・・・

»

表題は、鉄飛テクノロジーさんが昨日発表した「FileBlog」というファイル共有&エンタープライズ・サーチソフトについて書かれた日経ITProの記事タイトルの冒頭部分ですが、ちょっと嬉しくなったので少し考えたことを書きます。

というのも、弊社(Q4 Inc.)でこの鉄飛テクノロジーさんの製品発表について、発表内容の検討から、プレスリリースの作成・メディア向けの配信、プレスカンファレンスの企画運営いった広報支援業務をお手伝いしてました。

その中で、記者やその先にいる読者にFileBlogの優位性と新規性をどう伝えるかについて、みっちり議論しました。鉄飛テクノロジーさんの製品は、従来の○○ではいまいち上手くやれなかったこと、ありそうでなかった、こういうもんだとあきらめていた、というような機能をについて「あー、なるほどそういう手があったのか」という形で実装しており、逆に言うと既存のものと較べて”似て非なるもの”になっています。

ということは、「△△と同じだけど圧倒的に安い」というような表現がしにくい(いまいち的確でない)のです。実際プレスリリースでは、”エンタープライズ・サーチとブログ機能を融合させた新しい文書共有システム”という言い方をしていますが、特長を伝えるにはまだまだ舌足らずです。

そういう観点から、記者発表をするにしても、プレスリリースを配信する(いわゆる投げ込みというやつですね)だけでなく、相対で説明し実際に見てもらう機会になるプレスカンファレンス(記者発表会)を行いました。

リリース配信のみに対してプレスカンファレンスを行おうとすると、やはり手間暇コストはかかってしまいますが、『百聞は一見にしかず』の言葉通り、よりよく理解してもらうことができると思います。(もちろん、記者のみなさんも忙しいですから、足を運んでもらうに値する発表でないといけないのは言うまでもありません。)

さて、表題の”ファイル・サーバーを丸ごと"ブログ"化・・・”ですが、これはFileBlogの特長のひとつをウマく言い当てているなぁ、と思いました。どういうことかというと、それはそれ、ここで書きはじめると長くなってしまうので、やめときます。

新しい製品を紹介しようとするときには、どうしても機能を全部挙げたり、技術的な背景から延々を説明してしまいがちですよね。しかし、聞いているほうの頭に入るのは2-3のポイントだけだったりします。だから、”ファイル・サーバーを丸ごと"ブログ"化・・・”とか”既存の共有フォルダに全文検索機能を組み込める(InternetWatch)”のように、的確でかつ印象に残るメッセージを見つけ出すことが肝要です。

今回の発表でこういうことが充分お手伝いできたかというと、まだまだ頑張る余地もあったかもしれませんけれど、早くもいくつものメディアでニュースにとりあげていただくことができ、またウマい表現で見出しもつけてもらえたのは、とてもうれしいことであります。

と、まあ、日々雑感的な投稿、失礼いたしました。(^_^.)

【Google NewsでFileBlogを検索すると】
↓  ↓  ↓
http://news.google.co.jp/news?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rls=GGLD,GGLD:2005-16,GGLD:ja&q=FileBlog&oe=UTF-8&um=1&sa=N&tab=wn

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する