オルタナティブ・ブログ > 「天下夢想onオルタナティブBLOG」 >

テクノロジーとライフスタイルの未来を夢想しよう

なんでこの仕事をしているのか

»

「なんでこの仕事をしているのか」ということを時々思い返すというか、確かめてみることは大切だと思います。

幸か不幸か、会社を立ち上げて仕事をしていると、「なんでこういうことを始めたんですか?」という質問を受けることが当たり前のようになっているので、原点に立ち返る機会には恵まれています。

今、僕(そして一緒に仕事をしている仲間)が携わっているのは、マーケティングの仕事です。それも、お客さんであるプロダクトベンダーやサービスプロバイダーの会社そのものであったり、新しい製品やサービスのビジネスを立ち上げる、マーケットでのポジションを強化するようなお手伝いです。

そもそも、マーケティングの企画や実行を支援するビジネスをはじめようと考えたきっかけは、ITのベンチャーの中には優れた技術や新しい着想でマーケットにインパクトを与えるソリューションを持っているにも関わらず、テクノロジー企業にありがちな技術偏重でマーケティングに力が振り向けられない(あるいは、よくわからないでいる)磨かれる前の原石のようなところがたくさんあることに気がついたからです。

良い製品やサービスを作れば、おのずとビジネスにつながる、それは本来そうあるべきことかもしれません。しかし、物語はなかなかフィールドオブドリームスのようにはいかない。

優れた技術が、ただマーケティングがうまくできないというだけで埋もれてしまう、そういうことをなくすことができれば、それはベンダー側にとっても、ユーザ側にとっても、そして社会にとっても有益なはずで、その助けになる仕事には機会があるはず、とひらめいたわけです。

僕も、一緒に仕事をしているメンバーも、そういう気持ちを共有しています。

そして、このことを忘れないように、いつも心に置いて仕事をしていきたいと思います。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する