オルタナティブ・ブログ > 「天下夢想onオルタナティブBLOG」 >

テクノロジーとライフスタイルの未来を夢想しよう

「元HP、ダイエーの樋口氏がマイクロソフトに転進」について

»

2月28日付のITmedia/@ITのニュースによると、

3月中にも発表元HP、ダイエーの樋口氏がマイクロソフトCOO就任へ”だそうです。

この記事では、「社長就任は未定」とのコメントが引用されていますが、ITProやasahi.comでは、次期社長含みとあります。確定ではないまでも、そうだろうと見るのが自然でしょうね。

8月23日のエントリーで「ダイエー 樋口社長退任」としてとりあげたこともあり、このニュースには或る意味驚きました。

考えてみれば、マイクロソフトのような会社の日本法人社長に日本人を外部から招聘するとすると、ある程度対象は限られるでしょう。そうした中で、この人事には違和感は無いとも言えます。

驚いたのは、樋口氏の進路がIT、それもかなり王道という点です。先のエントリーで、IT出身で異業種の経営者たらんとした選択について触れましたが、敢えて戻る(それも外資)というところです。

もっとも、直接樋口さんを知るわけではありませんし、経緯がわかってるわけでもない、外野の勝手な感想ではありますが。。。

ただ、Googleの台頭に代表されるようなITの産業としての仕組みや利用のされ方が大きく変わろうとしている今、マイクロソフトがこれまでの一人勝ち独走モードとは違った状況もありうるとすると、来る数年は大胆に新しくビジネスを模索しなければならないはずで、それを意識してのことであれば、チャレンジングな選択であると考えられます。樋口氏にとっても、マイクロソフトにとっても。(ちょうど昨日飲みながら、マイクロソフト談義などしていたので、なんとなく符合しました。)

ともあれ、まずは新たな門出を(勝手に)祝福し、今後の展開をウォッチしていきたいと思います。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する