オルタナティブ・ブログ > 「天下夢想onオルタナティブBLOG」 >

テクノロジーとライフスタイルの未来を夢想しよう

親の言うことは聞け。

»

テクノロジー、イノベーション、Web2.0、コンプライアンス、CSR・・・

ビジネスをとりまく環境や概念は絶え間なく発展し、新たに追加されていく。

ように思えたりするわけですが、時には振り返って先人に学んでみることも心がけたいと思います。

先日、思いつきで両親に「マーケティング2.0」の本を贈りました。

それを受け取った親父からのメール(一部引用)↓

---------

“近世・近代の老舗や商社の顧客確保の精神の中にも現代に通じ、有効な手段・手順があると思います。

人間性はそう変わるものではないもですから・・・・・・・・・・・

どうか、歴史を通して現代をも観て下さい。“

---------

うちの親父は会社勤めの後、リタイアしてから、経済学で大学院に通っていましたが、修論のテーマが「大阪の老舗の盛衰と企業文化」というものでした。

若い頃は、なんでも親の言うことはうるさくて、聞く耳持たない親不孝息子でありましたが、この歳になってようやく、もっとちゃんと聞いておくべきだなあと感じるようになりました。(今でも若いけどね)

ここ数年、西洋古典やローマ史をはじめ、先人の足跡や言葉に触れるにつれ、現代でも一貫して流れる本質のようなものに気づかされることしばしばです。

特にITに関わる仕事をしていると、キャッチアップしなければならないことが次から次へとひっきりなしで、また、ビジネスの流れの中では息つく暇もないことが多いですが、やはり、少し落ち着いて歴史に学び、本質を見極めていくことも大切ですね。

またちょっと、歴史からなにか見出せるような本を探してみたいと思います。

(それから、親孝行もしなきゃ(^_^;))

Comment(2)

コメント

お邪魔します。

人間の本質は変わりません、、歴史を通して現代をみる、、という話、すごく共感できます。

テレビCMの崩壊~マーケティング2.0にある、
「インターネットがもたらしたWeb2.0環境によって再び対話によるマーケティングになった。しかも、この対話は企業から消費者、消費者から企業、消費者から消費者へと際限のない対話である。」

人間の本質、顧客の確保、顧客との対話、、、。歴史はめぐるというか、大きな何かを感じます(歴史観とでもいうのでしょうか)

今、何人かの業界のキーパーソンの方のブログを覗かせていただいてます。

私はこの契機に、広告業界のクリエーター、プランナー、マーケッターたちが一番うきうきするべきなのにと思っています。

rocketさん、
コメントありがとうございます。
>広告業界のクリエーター、プランナー、マーケッターたちが一番うきうきするべきなのに・・・

こういう捉え方、実はとても重要ですね。

コメントを投稿する