オルタナティブ・ブログ > 全球的な目線で >

グローバル化する地球の中に、日本はどう立つのかを考える日々

e-SATAで相性問題にはまる。。。

»

現在、メインのWindows PCとしてLet's note S8を使っているが、通常電圧版のCPUでバッテリー16時間というあり得ない高次元のバランスに、個人的にSSD(X25-M Mainstream SATA SSD )に換装して揺れても動作速度に影響のないという、全くもって理想のモバイルPC環境と全く不満のない日々。
#個人でSSDに換装すると、SATAⅡモードで動作しない問題はありますが、実用上問題なし。

唯一問題をあげるとすれば、高速な外部接続インターフェースが無いこと。
基本的にUSB2.0のみで、Firewire400(IEEE1394b)等もなし。
唯一の希望は、PCカード(Cardbus)のみ。

当初USB3.0を増設したかったのだが、USB3.0はExpressCardばかりでPCカードから変換できる製品はみつからず。。。
#速度考えたら当然なんだろうが。

とりあえずe-SATA対応製品として玄人志向のSATA2RE2-CBとSATAE2-CBがあったので、とりあえずCENTURYの「裸族の二世帯住宅(CRNS35EU2)」WesternDigitalの2TBのHDDとSATAE2-CBを購入して帰宅。

しかしながら、これは全くの勉強不足だったのだが、e-SATAにはポートマルチフライヤーというハブのような機能があって、SATAE2-CBに対応しておらず。

仕方なく今日、SATA2RE2-Cを購入して再度挑戦。しかし今度はデバイスドライバで「Silicon Image SiI 3124 SoftRaid 5 Controller」が「This device cannot start. (Code 10)」のままウンともスンとも言わず。

調べてみると「Ricoh R/RL/5C476(II) or Compatible CardBus Controller」搭載の機種とは相性が悪いと。

Thinkpad X60ユーザーの試みがいくつか載っていたので、試してみたが上手くいかず。

結局諦めてUSB2.0で動作させることに。。。。

久々に相性問題に当たった。昔は当たり前のようにあったことを思うと懐かしいが、USB登場以後ほぼこう言ったことが無くなって、同種の製品を買い直したりしなくてもすむし、初心者でも周辺機器が買いやすくなった(売りやすくなった)事を思うと、標準規格同士が当たり前に繋がることの偉大さを久々に実感。

Comment(2)

コメント

射場本さま

偶然(?)にも、今日、Amazonから自宅のバックアップ環境用の玄人志向のストレージケースが届き(e-SATAのPCカードではなく、SATAx2台の外付けケースなので、お役には立てないのですが。)、ブログネタ準備も含め、作業をしているところで、このブログに気づきました。

しかし、相性の問題がまだあるんですよね。
1995年~1999年ぐらいまで、マルチベンダーのインストレーションなどを生業としていた時期もあるので、「はまった」ことがとても懐かしいです。

その前の時代も、IBMではなくDECか東芝のノートPCにOS2入れようと思って、対応するNIC(九州松下かな)でうまく動かずに苦労した記憶が・・・メーカの方の協力もありましたが、かなり大変でした。

最近は、あまりチャレンジングではなく、かつ相性問題もそういったお仕事もしていないので、ぶち当たる事がほとんど無くなったような気がします。

なんらか、解決するといいですね。

方波見様
コメントありがとうございます!!
OS2とは…c(゚^ ゚ ;)
自分の世代では体感したことは無く想像になってしまうのですが、DECか東芝にOS2を入れるなんて凄まじく大変そうで、どうしてそんな需要があるのかもわからないぐらいの状況ですね!!!
それに比べれば自分のSATAなんかは軽い話なんですが、英語圏の情報を調べてもなかなか解決法は見あたらず苦戦しそうです。
ただ良くも悪くもUSBに逃げれてしまい、最近のMacなんかが特にそうですがインターフェースを余り多く詰まないような時代になって、相性問題に遭遇出来ることなど今後さらに機会が減りそうなので、せっかくの機会としてじっくり当たってみようと思います!!

コメントを投稿する