オルタナティブ・ブログ > パースペクティブ・アイ >

IT/PCを中心に様々な話題を振り返ることで未来を考える

iPhoneアプリ開発者様、お願いします

»

 iPhone 3GSを使い始めて1週間。以前から思っていたことも含めて、iPhoneアプリ開発者にお願い事を書いておきたいと思います。いや、デベロッパは、充分に意識してくれていると思うのだけど、中には………なものもあるので。ただし、僕の中での希望なので、偏りはかなりあります。その点はご容赦を。

・高速になってもiPhoneの特徴は変わらない
 3GSが出て色々全体に速くなったけれど、意外に立派なGPUが付いていることや、大容量のフラッシュがある割にCPUがヘタレな事には変わりはありません。たくさんのデータを扱ったり、データの形式変換を伴うようなアプリは、事前処理の結果をフラッシュに構造化したデータとして保存しておくなりして、CPU負荷はなるべく抑えてくださいな。毎回、リロードの度に重いソフトもあるんで。
 その方が3GSでもバッテリ消費が少なくなるだろうし、たくさんの3Gユーザーの快適性も高くなるハズ。3GSのCPUパフォーマンス前提でコードが書かれるようになってくると、そのあたりのオプティマイズが甘くなってきて、結局、"3GSでも重い"なんてこと、長期的にはなってくるかもしれないから。

・キャッシュしてください。お願い!
 ちゃんと作ってあるiPhoneの各種サービスクライアントは、上手にデータをフラッシュにキャッシュデータを作成して、サーバの情報を画面表示やUIとは非同期に更新してくれます。さらに前回までの画面がサッと出てくるように、レジューム用データを暇な時に記録しながら動作しておいてくれるといいのだけど。
 IT系ユーザーがよく使うようなツールだと、このあたりの実装はいい確立が高いけれど、ダメなのは、本当にダメ。個人的に使っている範囲だと、DLNAコントロールポイントのソフトは、どれもこの辺りが上手じゃないんだな。LogitechのMusic PlayerをコントロールするiPengなんかは、すんごくイイ感じなんだけど、これはDLNAではない(無理すればLINN DSには使えるので、使ってますが)。

・WiFi捕まえるまで、LAN内機器との連携で落ちないようにしてください
 WiFiを掴まないと動かないようなソフト(家庭内LAN内の特定の機器と共に動くようなアプリケーション)の中には、レジュームしていきなりサーバとのセッションで通信を始めようとして、応答無しで落ちるものが結構たくさんある。
 セッションが生きてるかどうか確認して、WiFiが復帰するまで我慢するように作ってください。お願いします。

 なんて事を思いながらiPhone 3GSを使っていました。なんか、このままだと玉石混在状態になって、IT寄りではない普通の感覚のユーザーが置いてけぼりになりそうな気がして。いや、杞憂だとは思うのだけれど。

※※※業務連絡:メアドを公開していない方への主な連絡先はこちらに変えました
っと、書いたけれど、ついったでは僕がフォローしていないとプライベートメッセージは送れないのですね。さて、どうしたものか。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する