オルタナティブ・ブログ > ハリウッド・ニュース補完計画 >

趣味のハリウッド・ニュース・ウォッチャーの視点からニュース周辺のあれこれをユル~く紹介するニュース・ブログ。大手サイトが見落としてるニュースにも、ちょっとオイシイネタがあったりなかったり。みんなが知ってるあのニュースも、周辺事情が分かるともっとおもしろい、かも。

全米大ヒット!SF映画「クロニクル」がむちゃむちゃ気になる

»
 高校生3人が、ある日突然、物体を移動させる超能力=テレキネシスを身につけてしまったらーーというSF映画「クロニクル(Chronicle)」が気になる。この映画、3人が都市上空の曇天を浮遊するポスターが気になっていたのだが、この全米ヒットぶりをみると内容も期待できるんじゃなかろうか。

 予告編を見ると、その形式は「第9地区」「パラノーマル・アクティビティ」系の<疑似ドキュメンタリー仕様>らしい。予告編は、主人公たちが撮るホームビデオの形式で描かれるていて、超リアルなのだ。

「クロニクル」予告編
http://youtu.be/i-M5Qx57_UU

  興味深いのは、これが「キック・アス」「スーパー!」の系譜の<裏ヒーロー映画>だと推測されること。特殊能力を手に入れた普通の高校生は、いったい何をするのか?  もちろん、スパイダーマンことピーター・パーカーのようにはいかないだろう。

  ひょっとしてこの映画は、「ウォッチメン」が描き、クリストファー・ノーラン版のバットマンがそれを継承した「スーパーヒーローとは何か?」という問いを、他のダークナイトのような大人ではなく、ティーンエイジャーを主人公に、かなりヤバイところまで描いているのではないか?  そう思うとむっちゃ気になる。

 監督ジョシュ・トランクは、本作が初監督作となるLA生まれの26歳。TV「キル・ポイント」(07)中の数話を監督しているが、これは、イラクから帰還したベテラン兵士達が、故郷には居場所がなくて銀行強盗をするというクライムものだった。

 本作のストーリーを考案したのは、監督自身と、「ブルース・ブラザース」「狼男アメリカン」のジョン・ランディス監督の息子、マックス・ランディス。脚本はマックス・ランディスが書いている。ジョン・ランディスの息子というのもちょっと気になるところ。

 ちなみに、主人公3人のうち、いじめられっ子のアンドリューを演じるディーン・デハーンは、すでにスター街道驀進中。本作の後は、「ザ・ロード」のジョン・ヘリコート監督の新作「Wettest County」でトム・ハーディやゲイリー・オールドマンと共演、続いて「ブルー・バレンタイン」のデレク・シアンフランス監督の新作「The Place Beyond the Pines」でライアン・ゴスリングやブラッドリー・クーパーと共演。この23歳、予告編ではかなりキュートだが本編ではどうなのか、それもむっちゃ気になるのだ。
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する